■ トランプ大統領、本当に大丈夫か

  日本中が豪雨災害で最も大変な折りでも、国際的動きが止まるわけではない。米国ポンペオ国務長官は核問題で北朝鮮に渡り、ついで日本に立ち寄った。やっぱり北朝鮮は変わらない、不誠実だったと言わんばかり。あのシンガポールでの米朝首脳会談(6月12日)からひと月、「完全非核化(CVID)」など聞くことも無くなった。米国や日本がただ焦っているだけで北は何も動こうとしない。
  トランプ大統領がツイッターで書いた、「どうも北朝鮮の後ろには中国が付いているらしい、中国が米朝交渉を邪魔しているらしい・・・」。ちょっと待て、トランプさん、今更気が付いたなど驚ろかすでない、北朝鮮はいつも中国そのものであって。あの国連安保理の圧力、制裁行動の時も中国に頭を下げて協力をお願いした、協力などするはずはない、と誰でもすぐ分かるのに。
  故に日米韓三国は外相が集まって、経済制裁は完全非核化まで継続すると申し合わせた、あまりに当たり前のことで。