■ 九州北部豪雨、追悼式

  7月5日、あの九州北部豪雨から1年経ちました。本当に辛い1年でした。大変な被害を受けました。傷跡は今もなお生々しく残っています。国、県、市町村挙げての応急対策は一段落しましたが、本格的な復旧、復興への工事、体制整備はむしろこれからです。
  今日は朝倉市(杷木)と東峰村においてしめやかに合同追悼式が行われ、私は朝倉市の追悼式に臨み追悼の辞を述べました。今日までのご苦労、これからの官民挙げての取り組みに及び、最後は朝倉高校の生徒たちが斉唱した「あさくら讃歌」を引いて、この故郷はしっかりと私たちで守り抜くこと誓いました。本当に悲しい1年でした。
  朝倉市で33人、東峰村で3人、行方不明者が2人が祀られています。