■ 与論島への青少年研修と感謝状

  先月末には、鹿児島県の「与論島」に200人余り日本とアメリカの小学生を合同研修に連れて行きました。私が会長を務めている財団法人「国際青少年研修協会」の年間行事の一つですが、この活動は実に42年間休むことなく続いております。これには当然受け入れ地元の皆さんのご協力と、当団体の努力の成果でもあります。今では多くの若い人(殆どは自ら子どものとき、この活動に参加した人たち、) が指導者、世話人として参加してくれます。
  今日は東京で、大きな飲み屋さんで、その盛大な「反省会」が行われました。痛飲の合間、ハイライトではこの活動の立役者たちに感謝状を差し上げ、これまでを感謝し、これからをしっかりお願い致しました。(4月2日 参照のこと)