■ 柔道、レスリング・・・少年たちに未来を託す

  およそスポーツ大会への出席は、仕事柄頻繁です。青少年大会も頻繁です。柔道もレスリングも、むしろ自分でやりたいくらい、気持ちが高揚します。学生時代、本気で打ち込んでいたことを思い出します。

レスリング「三井ラビット杯福岡大会」(筑前町)...
柔道「スポーツひのまるキッズ九州大会」(粕屋町)

『国歌斉唱には大声で歌うこと、日本人として生まれたことに幸せを感ずること、
お父さん、お母さんに感謝すること、
試合では全力を尽くすこと、最後の1秒まで諦めないこと、
勝負は勝つことも負けることもあること、「勝って反省、負けて感謝」、
友達と仲良くし、立派な日本人になること、
2年後の東京オリンピックも目指せること・・・』

などを、私はいつも挨拶することにしています。この少年たちが必ずや明日の日本を引っ張ってくれます。