■ 「豪雨災害復興支援物産展」自民党本部中庭

  朝倉市、東峰村を襲った豪雨災害から7ヶ月半、福岡地元は懸命に復活、復興に努めています。今日は自民党本部の中庭にて「豪雨災害復興支援・福岡物産展」を催したところ、厳しい寒さと小雨の中でしたが、恐らく延べ1000人強、びっくりするほど多くの賑わいがありました。福岡県民の熱意と自民党組織など世の中の支援体制には本当に有難い限りでした。地元福岡県からは小川県知事、渋谷東峰村長、自民党県連の蔵内会長ら県議団総勢20人余、農協組合長ら販売担当・・・、自民党東京サイドからは二階幹事長始め役員、麻生財務大臣、松山国務大臣ら、横倉世界医師会会長、福岡県出身議員はほぼ全員、お蔭で販売物産はほぼ完売という報告を受けました。これを一つの契機として、地元復興対策を一層加速すべく努力する所存です。
  なお、この物産展、昨年発災直後、党本部に被災者グループを何度も連れて行くうちに、二階幹事長から発案され、地元柄 私が事務を担当しました。自民党中庭では各県の物産展が時折り行われていますが、実はいつも客が少ない、寂しい限りです。今回私の事務所が東京在住者、福岡県人会らにも徹底声を掛けたことが奏功したかも知れません。朝出勤の時は、冷たい小雨に客の出足を大いに心配したものです。