■ 「安倍首相はオリンピック開会式に行くべきでない」自民党外交部会

  自民党外交関係合同部会。今朝(24日)の新聞(産経、読売)に安倍首相が平昌オリンピック開会式に出席するとの意向を表明されたのを受けて、出席議員全員から「反対、出席すべでない」との意見が出た。
  韓国政府が例の「日韓合意」に反対の趣旨を決めた 直後、安倍首相は抗議の意も込めてもはや開会式には出ないと発表したが、今回それを撤回、政府方針の大きな変更と見える。我々議員も事前に全く知らされてもいなかった。会議では、首相が出席することで韓国、北朝鮮が事実上目指しているオリンピックの「政治利用」に我が国が完全に加担する、そのことを自ら認めてしまうというもの。反対意見は何十に及び、私は自民党としての反対の立場はこの際明確にすべきであって、その旨決議書の形で首相官邸に届けるべきであると発言した。
  安倍首相が新聞会見とはいえあそこまで明言した以上、最後は安倍首相らが決める。日本外交はどこまでいっても厳しさが足りない。