〈破られた賞状〉国士舘創立 柴田徳次郎先生(その2)

  国士舘大学の剣道部は、全国大会で2位(準優勝)となった。翌日、選手たちは皆で柴田徳治郎学長に試合の報告に行った。頂いた賞状を学長に差し出したところ、学長はいきなりその賞状をまっぷたつに、続いてビリビリと破いてそれを床に捨てた。それをふみつけようとしたが、横にいた師範(指導教官)は学長に体を当てて、それだけは阻止した。
師範は床に落ちた賞状片を拾い集めた。別室に下がった選手たちは、皆泣いた。

...

  今、国士舘大学剣道部は全国大会でも圧倒的強さと伝統を誇る。大学道場の正面にはセロテープで補整されたあの賞状が掲額されているという。
(記念式典で孫の柴田徳衛、徳文さんの講演から)