■ 国際少年空手道選手権大会

  千葉県浦安市で国際少年空手道選手権大会が行われ、私は「大会名誉会長」として表彰式に立ち合いました。年齢は小学校1年から中学校まで、ネパールとパキスタンから多くの選手が参加していました。
  空手は型と組手(打ち合い)とがあり、一見危険に見えますが、基本とルールをきっちり守れば決して危険ではなく、心技体の三位(さんみ)を一体(いったい)として鍛える日本古来の武道です。流派はたくさんありそれぞれ立派な哲学と手法を持っていますが、2020年の東京オリンピックでは、統一ルールによる正式種目となることが決まっています。私は柔道選手として育ちましたが、同じ武道家として空手道を深く尊敬しています。