■ 朝倉の被災地の今

  朝倉の被災地を訪ね、被災者、関係者の窮状について直接相談を受けました。災害から3ヶ月、皆さんは精神的には平静を取り戻していますが、今ある目の前の現実に果たして取り組むすべ(術)が見つからない、という気持ちではないでしょうか。皆さんの苦しみと希望をしっかり受け入れて、その解決策を、選挙後には必ず国会で実現すると力強く応じました。
  私の予定に合わせて数人の報道関係も来ていました。