■ アジア・太平洋国会議員連合(APPU)総会

  APPUという国際会議は議会主義を採用しているアジア、太平洋地域の国会議員の集まりで、すでに権威のある伝統的な組織です。その総会が大分県別府市で行われました。私は特段の委員ではありませんが、九州での開催ということで、日本、台湾、パラオ共和国という三ヶ国役員会に出席しました。それぞれ国情の違う三ヶ国が意見を開陳し、お互い交流親善を深めました。
  私は、最近の朝倉地区、大分地区の豪雨災害の状況を説明して、地球環境対策の必要性について発言したところ、両国ともその必要性に強く同意した上で、パラオ(国会副議長)は地球温暖化で海面の上昇に悩んでおり、同国への支援の強化を要請された。なおこの国際会議には台湾が非常に積極的で最大の代表団を送って来ており、代表( 国会議長)発言ではこれが「台湾(中華民国)」の名前で出ている数少ない国際会議であって、他の国際会議にも是非「台湾」の名前で出たいという率直な意欲を示された。