■ 遂に、衆議院解散、総選挙

遂に、衆議院解散、総選挙

身の引き締まる思いで、大ニュースを受けました。来月10月22日か29日の投票が事実上決まりました。一瞬強い緊張感が体を貫き、続いて極めて具体的な課題と懸念が頭の中を巡り始めました。議員たるもの、選挙への心準備は常に出来ており動揺するものは何もありませんが、然し「絶対に諦めない、絶対に手を緩めない」ということが自分の経験値から学んだことで、当然に前回以上の『圧勝』を目指して選挙態勢を組んで参ります。告示まで半月という時間的切迫はどの候補にとっても平等であって、むしろ普段の真面目さが実力を発揮するものと思います。
皆様のご支援とご指導をこそ改めてお願い申し上げます。