■ 議員連盟「日本の明日を創る会」(その2)

  「日本の明日を創る会」に出席した。翌日の新聞などには安倍内閣への不満分子の集まり、倒閣運動ではないかと書くものもあった。とんでもないことである。新聞やマスコミは勝手に決め付けて書くが、政治家、議員というのはそれほど柔(やわ)ではない。みんな自分で考え、自分で行動する、政治に不満があれば、当然発言する、人に言われてどうこうするのを嫌う。
  私は勉強会、議員連盟の類いには実は何十も入っている。自ら信念に基づいて選択する、極右もあれば、共産党なのも厭わない、それが国や国民のために役に立つのなら、政治家として当たり前のように行動する。政治家とは、有権者、国民に 直接応えられればそれでいいのだ。