■ 農林水産大臣への申し入れ

  朝倉、東峰村の豪雨被害を中心とする全国の農林業災害に対し、自民党の役員総出で「斉藤健 」新農水大臣に現状の説明と対策の申し入れを行なった。激甚災害法の指定に掛かる被害の補助対象の拡大、補助率のかさ上げ、被害査定の迅速化、流倒木対策など広範かつ総合的施策を盛り込んでおり、現況においては一応の災害対策となっているものと考えられる。政府としての正式発表は翌日(8月8日)に行われる。
なお一方で、全国を縦断中の台風5号の被害も非常に心配されている。