■ 安倍総理、視察。「激甚災害には直ちに精霊指定する」

  安倍総理が朝倉市、東峰村に入られ被災地を具に視察された。地元幹部との意見交換も進んだ。避難所においては被災者たちを丁寧に労われた。最も激しい被災現場では犠牲者に黙祷を捧げた上で具に視察された。
  記者会見において「激甚災害法による地域指定は直ちに行う」、「地方交付税の交付は繰り上げして行う」の2点を明言され、自治体の財政負担軽減に配慮された。
  現職総理がこの地域に来られるのは初めてで、被災地全体にとって何よりの激励になった。私は「農業被害の復興と対策」について特段の発言を行った。総理から私へは名指しで頑張るように指示された。