■ ユネスコ「世界記憶」への登録を目指して

  「通州事件」や「慰安婦問題」をユネスコ「世界の記憶」(「記憶遺産」)に正しく登録しようとする動きがあり、一方でユネスコ事務局の手続き、運営面に問題が多く、わが国も戦略的活動が必要であるとの結論に達した。

   (自民党 「国際情報検討委員会」)