■ 安倍首相の勇気を讃える、憲法改正発言を支持する。

  5月3日、憲法記念日に安倍首相が憲法改正について思い切った発言を行なった。「新憲法は2020年に施行する、第9条については概ね「加憲」とする。」
「加憲」とは第1項「戦争の放棄」及び第2項「戦力の不保持、交戦権の否定」は基本的に変えない、しかし第3項を新しく加えて「自衛隊」の存在を明記、国防、自衛のためには自衛隊が出動するという考え。

  1項、「戦争の永久放棄」には異論はない。
  2項と新3項ついては大いに議論があろう、矛盾とも言える法律的、字義的問題を内在する。2項で「戦力不保持」といいながら新3項では「自衛隊を持つ」、然らば「自衛隊は戦力でない」ということの説明の是非。「交戦権否定」ということと「自衛のための戦争」は矛盾ではないか。いずれも自衛隊を認め専守防衛という今の日本の現実をそのまま認めた上で、字義や法律的には大いに議論を巻き起こす。
  「神聖なる憲法条文に頭から基本的矛盾を持ち込むのか」と批判する者もたくさん出て来よう。

  私の意見。私は長い苦悩を経て不満は残るが、この案を支持する。というよりこれしか方法はないと思っている。理想は2項を削って新3項を書き込むことであるが、それは今の日本では直ぐには絶対に通らない、国民投票で通る見通しも立たない。だから今回は9条改正は諦めてその他項目で先ず改正を試み、いずれかの時点で改めて9条改正に臨む(「2段階論」)という考えが出てきてもおかしくない。私はこれを拒否する、何故なら、戦後一貫して「憲法改正」とは「9条改正」議論そのものであって、それを避けることはことの本質から逃げることになる。政治論で行くと、この機を逃せば多分、永遠に9条改正はできない。

  安倍首相は勇気を奮って発表した。自民党内でも議会内でも、世間や学会内ではもちろん、この議論は実は殆ど行われていない、議論はしても収れんするに何年掛かるかわからない。それを打ち破ったのが今回の安倍発言である。
  「2020年施行」と日限を切った。このことで憲法議論は一気に加速される。これから党の内外騒然たる議論が始まる。国民ももはや自分のこととして議論に参加することになる。

私は安倍氏の歴史的勇気を讃えたい。