2017年

1月

28日

■ 韓国は慰安婦像を撤去せよ

  自民党は合同会議を開き、慰安婦問題について日韓合意に違反する韓国を厳しく非難した。一昨年の合意で慰安婦問題は「最終的かつ不可逆的に解決した」はずである。ところが韓国は全く守らない。
  私は会議では冒頭概ね次のことを話した。「日韓合意は安全保障や外交的には相当の成果があったのは事実だが、最近の韓国の動きは見逃せない。 日本は合意の10億円は支払った。一方韓国は合意の「ソウル大使館前」の慰安婦像を撤去しないばかりか、今や「釜山総領事館前」に新しく慰安婦像を作り、「日本領の竹島」にまで作ろうとする。ユネスコ記憶遺産にも韓国が民間主導で登録申請しており、これは決して受理させてはいけない。(ユネスコでは中国の南京事件の登録も撤回させることになっている。) 国際金融でスワップ協力はやめることも辞さない。韓国が国内政治的に混乱しているので少し大目に見てきたが、これらの違反は厳しく咎めなければならない。」
韓国政府の善処を期待する。