■ 稀勢の里、優勝、遂に横綱へ

  大関稀勢の里が遂に初優勝を飾り、横綱となる。日本人の横綱は18年ぶりだとか、モンゴル勢が余りに強かった、いや日本勢が余りにだらしなかった。日本人なら稀勢の里、と言われ続けて長い間よく耐えた。精神的にもここ一番でいつも潰れた。昨日の千秋楽で白鵬を破ったのは珍しくいい内容だった、土俵際まで押され粘り遂に逆転突き落とした、白鵬が懸命だったのがいい。
  日本人の悲願、立派な横綱になって欲しい。