■ 朴クネ大統領辞任へ、韓国の大政変

  韓国の朴クネ大統領が遂に辞任を発表した。この数ヶ月、韓国のニュースはこればかり、怪しい女性政商の存在が発覚してから悪事が次々暴かれる、大統領の支持率は4%になった、与党議員も全て諦めたというから、早晩辞めるしかなかった。
  今や国としては機能停止か。今北朝鮮が軍事的行動を起こせばと単純に心配になる。経済、金融は大丈夫なのか、外交は動いているのか、軍事情報協定は大丈夫か、慰安婦合意は守られるのか、金融スワップ協定はどうするのか、余計なことだが、心配すればきりがない。
  ただお隣でかくも激しい動乱を見ていると、国、国家、政府、政権・・・普段は抽象的にして目に見えない事が、実は如何に大事な事であるかに気付く機会ともなる。「他山の石」などという卑俗な比喩では到底表せない政治の深淵がそこにある。指導者の役割と責任もそこにある。