■ 安倍外交、苦難

  日本外交も厳しくなってきた。安倍内閣にとっては最大の難局かも知れない。
  アメリカ次期大統領にトランプ氏が決まり、TPPからの離脱が確定した。TPPには農業問題など課題はあるが国全体としてはわが国に大きなプラスをもたらす。全て良くて、または全て悪いというものはこの世に存在しない、常に良い面と悪い面が併存ししかし結論は一つしかない、それは最後は国(政治)が決める。かくして日本はTPPこそが世界経済を刺激し、国益に資するとしてその成立を目指した。今や署名国の先頭に立っていた。しかしアメリカが抜けるのではもはや意味を成さない。余り便便としない方がいい。残り10ヶ国とは関係を大事にした方がいい。トランプ氏の暴言は"選挙演説"と高を括らない方がいい。中国の動きは、政治、経済、よく見ておく必要がある。
  ロシアのプーチン大統領を迎えるにあたって、領土交渉についても裏では懸命な交渉をしているが、いい話は聞こえてこない。