■ 那珂川町、町政60周年 、松口月城と柴田徳次郎

  那珂川町の60周年記念式典では次のことを祝辞しました。
・ 昨年の国勢調査で人口5万人を超えて(50004人)、晴れて「市に昇格」するが、これは町民全ての結束の賜物であること。
・ この60年間にこの町は、幾多の人材を輩出したことを誇っていい。うち「松口月城」は漢学者にして1万以上の漢詩を作り詩吟の題材として最も尊敬されている。「カニの横歩き」という墨絵の小作もある。人間が言った、「カニよ、君は何故横にしか歩けないのだ」、カニは答えた、「ハイ、私は横にしか歩けませんが、横には <真っ直ぐに> 歩いています」と。...
・ 「柴田徳次郎」は国士館大学を創設した。大分県には慶応大学の福沢諭吉翁、佐賀県には早稲田大学の大隈重信候が生まれている。挟まれた「雄県 福岡県」からは誰も教育者が出ていない。柴田徳次郎翁の生誕120年(来年)を期して、那珂川の生んだ大教育者として顕彰できないか 等々。11.06