2016年

10月

05日

■ ノーベル賞 (その2)

  ノーベル賞受賞の「大隅良典」博士の関連で殆ど全紙が埋まっています。受賞対象の「オートファジー」という言葉も初めて聞くのですが、なんとなく分かったような気持ちになりました。

 

大隅博士は研究の基本を
1.  自分の目で確認する...
2.  
はやり( 流行 )を追わない
3.  小さな発見を大切に

4.  多面的に考えよう
とまとめ、福岡高校(卒業校)の後輩たちに伝えていたそうです。いずれも人生そのものに生かすべきモットーで、博士は、「人のやらないことに興味を持った」と繰り返される。安倍首相も国会の答弁で「人のやらない分野を選び、ひたすら真理を探究された」と、その独創性を特に褒め称えました。