■ 稲刈り and 留学生

  地元企業の課外活動として田植え、稲刈りが行われており、毎年多くの外国人留学生が手伝いに参加しています。我が国の稲作作業は、今では全て機械化されていますが、この企業の場合は田植えも稲刈りも伝統的な手作業が中心で、参加する外国人も大いに感心しています。
  2人の女子留学生は見た目全くの日本人で日本語も完璧に話しますが、実は南米ボリビアとパラグアイからの留学生で、いずれも福岡県からの移住日本人の三世にあたる。大学では福岡県からの奨学金で専門分野を勉強しているが、見るもの聞くもの日本が余りに素晴らしいと感激していました。
  それじゃあ、一度お友達を連れて来い、一緒にご馳走でも食べさせてやろうと別れました。