■ 『東峰村ブランド』へ、超おいしいコメ。

  「東峰村ライスセンター」の開所式が行われました。言うまでもない、コメは日本人にとってなくてはならない主食ですが、稲作は神代の時代から私達日本人の社会、生活にとって最も密接した産業( 農業 )であります。農家の汗とご苦労によって収穫されたイネは乾燥し玄米となり、精米して白米に生まれ変わり、美味しいご飯として私達の口に入ります。
  この度精米事業を一手に引き受けるライスセンターが東峰村に出来たのです。東峰村のコメは冷たく清い水と澄んだ空気のもと「山付きの米」としてすでに高い評価を受けていますが、今後内外の農家からこの「ライスセンター」に持ち込まれたものも「東峰村ブランド」として売り出されると、必ずや多くの人々の健康と幸せをもたらすものと考えます。