■ < 私が心血注いで訴えたいこと>  尖閣諸島と国の主権を守れ!!

  尖閣問題が深刻になってきた。中国公船による尖閣諸島の領海侵犯が頻発している。8月5~10日までの6日間で延べ28回と過去最大規模になった。5日が3回、7日が11回、8日が4回、9日が10回。8日には15隻が接続水域を同時航行した。今まではひと月に4、5回の侵犯という、それ自体大問題なのだが、今回の侵犯規模たるや通常の対外紛争の域を超えて、軍艦の近接も始めたとすれば、中国は国家の意志として日本の主権の侵害と露骨な軍事的行為を開始したと見なければならない。日本にとってこれは最早「 安全保障」、「国防」問題以外の何物でもない。
  政府は中国に対し高度の外交的抗議を行った。並行して米国を含む国際社会にはことの事実と重大性とを開示して、日本の行動に理解を得ようと努力した。他方フィリピンに岸田外務大臣が出向いて、フィリピンの対中仲裁裁判所の判決に共同歩調を取るべく働き掛けた。ただこれらの行動で中国が態度を軟化することは期待出来ず...、仮に一旦これらの侵犯行為が収束したとしても最早日本の主権を大きく蹂躙した実績は消えず、次なる侵略、侵犯にエスカレートしていくことは覚悟しておかねばならない。
  尖閣諸島でこうなることは十分に予想された、だから自民党は、私も急先鋒の一人として、単なる抗議に留まらず徹底した対抗措置を取るべきことを唱え、政府や安倍総理に何回にも訴えてきた。外務省は中国に抗議したが、中国には完全に無視されてきたのが現実である。要はわが国は外交的に舐められており、これを「国家の危機」と言わずして何と呼ぶ。
  昨年の2月、私は尖閣諸島についての古地図を衆議院予算委員会で発表した。中国政府が1969年に作成し、毛沢東主席(当時)が裏書きをしたもので、自ら「尖閣諸島は日本の領土」であると認めたもの。尖閣諸島は歴史的にも国際的にも二義なく日本領である。国は何故その事実を強力に主張し、その正しさを中国に認めさせる努力をしない。日本の平和外交は、外交的手段を尽くすことで国際平和を守ることであって、ゆめ武力になどは依拠しないが、決して無法な脅迫や圧力に屈服するものではない。
  中国外交は日本にとってとりわけ重要なもので、その友好的関係を維持することは特に大事である。首脳交流を進め、その動向には十分注意を払い、無用な感情的軋轢を起こさない、などはどこの国とでも同じ、しかし日本は中国には少し気を使い過ぎではないか。「不測の事態」は当然に避けるべし、しかし今や中国のあくなき挑発こそが「不測の事態」の発端になるとすれば、日本が徒らに自己抑制することは却って中国の野望を助長することにさえなりかねない。
  どうすればいいのか。日本は外交的「抗議」こそ不断に繰り返してきたが、遂には「警告」を発することとする。領海を侵犯すれば主権国家として当然に警察措置又は自衛措置により拿捕、ないしは船舶を臨検することも辞さない。一方尖閣諸島への「実効支配」が十分かつ明白でないとすれば、例えば「船溜りの建設」など、この際本格的な国内行動を検討することが必要である。日中中間線を挟むガス田問題では仲裁裁判所に提訴するなど平和手段を選択するのも有効である。いずれも米国を含む国際社会の理解と協力を得た上で、厳正な「法の支配」すらを無視しようとする中国の全体主義、膨張主義には毅然と対抗しなければならない。仮に中国が反攻するとすれば、たとへば尖閣諸島に上陸するなど、には警察権や自衛権の行使は当然のことである。言ったことは怯むことなく実行する、結局はそれがわが国の主権を毅然と守り、日本の平和主義を世界に向かって率先垂範する最も確かな方法である。