■ 平和の誓い、<筑紫駅銃撃事件、慰霊祭>

  昭和20年8月8日、米軍機からの機銃掃射を受けて電車の乗客ら即死62人、都合100人以上の死傷者を出す大惨事が起こりました。終戦の1週間前、悔やみても余りある悲劇でした。場所は筑紫野市の西鉄「旧筑紫駅」、昨年には駅舎の恒久的な保存施設も出来ました。今年も灼熱の暑さの下、しめやかな慰霊祭が行われ、次代を担う保育所や小中学校の子供たちも参列して、地域全体で平和への誓いを新たにしました。