■ 「海洋秩序の正義」を究めて、 国連海洋法条約の検討会

  フィリピンと中国の海洋法条約上の決着はついた。ただ中国はこれに従おうとせず、「法の支配」する国際社会から強い非難を受けている。
  「国際仲裁裁判所」は国際社会、国際海洋秩序の発展のために作られた国連海洋法条約上の正規な手続きである。日中間の東シナ海油ガス資源問題の解決にも有効な手段となり得る。国際海洋紛争は何処にでもある、先ずは外交努力を徹底的に行うことが必要。そして、軍事や武力を使わないわが国に、最後に残された「平和的手段」こそ司法的な手段であることを認識する必要がある。前途は多難だが地道な準備と検討を重ねておくに如くはない。今日は議員を含めての検討会を開き、力強い意見が出された。