2016年

6月

11日

■ 地元行事 1 天満宮「お田植え祭」

  好天の下、太宰府天満宮の恒例「お田植え祭」が行われました。五穀豊穣、日本の農事は常に神に祈ることから始まります。この祈りは筑紫平野一帯に及びます。田植えを手で行う所は最早全国どこにもありませんが、古式を通じて古えと先人たちを偲ぶことは、今と未来を臨むに当たって大切なことです。「西高辻宮司」を筆頭に懸命かつ苦闘のお田植えは、秋には豊かな稲穂となって私たちを満たしてくれることになります。