■ 『切り継ぎ』陶展

  東京銀座の高島屋、『切り継ぎ』陶展が行われています。「森山寛二郎さん」の個展です。森山さんは未だ無名ですが、「切り継ぎ」という独創的な手法で、ほぼ未開の芸術域を開拓しようと取り組まれ、すでに日本各地、ロンドン、ニューヨーク、ローマ、パリなど外国でも精力的な活動をしています。
  私の地元東峰村、小石原焼の窯元で生まれ育ち、小石原焼や佐賀大学では有田焼、伊万里焼などを学んで新境地を目指し始めました。「切り継ぎ」というのは二つの陶器を鋭く切り裂き、釉薬( ゆうやく)で繋なぎ焼き直したもので、非対称asymmetric かつ奔放な躍動を強く感じます。欧米での評価が先行しそうですが、日本の伝統美とのコラボや競い合いも面白そうです