■「八丁峠トンネル」工事起工式        

  国道322号は福岡県の北九州市から久留米市まで続く将来の物流ルート、大動脈です。その最大の難所と言われたのが嘉麻市と朝倉市を結ぶ「八丁峠」と言われており、そのトンネル工事の起工式が行われました。計画されて20年、具体的に工事に着手されて10年という大工事でその竣工が待たれます。私は来賓としての祝辞を「 ・・・私は嘉麻市で生まれ育ち、今朝倉市でお世話になっています。両市を結ぶ『八丁峠トンネル』こそは私にとって特別の個人的思い入れがあります。」と結んで、笑いを誘いました。