■ 痛ましきスキーバス事故

  長野県軽井沢ではスキーバスが高速道路脇に転落して死者14人他多くの傷害者を出した。死者の殆どが若い人、大学卒業予定者で就職も決まり、これからの人生に胸膨らましている人々であって、家族にとってはもはや悔やみても悔やみ切れない事故であった。バス会社の法令規則違反がぽろぽろ発覚し、一緒に死んだ運転手は経験も技量も健康管理も出来てなかった。後付けで、悔やみ、罰し、今後改善させてももう14名は戻ってこない。なんと罪深いバス会社で運転手であったか。親御さんを想うと胸が締め付けられる。