■ 新春将棋大会

  太宰府天満宮(余香殿)に於いて、20回目の「新春飛梅杯将棋大会」が行われました。私は第一回目から協力、今や福岡県内でも有数な大会となりここからプロ棋士も出ています。私は今、「福岡県将棋連盟会長」を務め、免状は5段、実際の実力は初段くらいですが、地元の主催者鬼木幸市さんを助けながら棋界の発展に微力を尽くしています。
  将棋は規律を守り論理的に物事を詰めていく、攻撃と防御が切れ目無く変化する高度な知的ゲームで、小学生前からでも学ばせようとする親御さんが沢山おられることは大変いいことです。私は小学校2,3年の時にルールを憶え、3歳上の兄と随分勝負しましたが、何故かいつも兄弟喧嘩になったのを思い出します。