■ 「小川郷太郎君」を囲む会

  小川郷太郎君を囲む会が今年も行われ、多くの仲間が集まった。小川君とは大学同期、同じ柔道部でともに青春のエネルギーを燃やした。外務省に入り大使、公使などで世界中を駆け回っていたが、彼がカンボジア大使の時、私は後援会を大挙引き連れて同国を訪問、アンコールワットの遺跡などを巡った。東南アジア諸国は悲惨を極めたベトナム戦争の傷跡から営々と立ち直ろうとしていた。
  小川君は柔道への情熱は衰えず、シニア大会には今だ現役選手として出場を欠かさない。全日本柔道連盟の国際担当として、宗岡正二会長、山下泰裕副会長を助けて益々の活躍が期待されている。
( 写真は、高校生時代のAFS留学生仲間たち)