■ 北の湖理事長に哀悼の誠を

  元横綱相撲協会北の湖理事長が亡くなった。九州場所のさ中、最後まで職務を務められ、しかし無念の急逝であった。彼の偉大さについては敢えて述べるまでもない、横綱、現役として歴史に残る戦績を残された。また引退後は相撲協会理事長として、これまた最も苦難の時代を乗り切って大相撲の今日の隆盛を復活された。
  ところで私には北の湖とは多少の思い入れがあります。昨年の今日、九州場所の千秋楽の日には北の湖部屋の「打上げ会」に呼ばれて親交を温め、実は今年もまさにその予定でした。北の湖夫人は、私の神奈川県時代の選挙区で私の地区後援会長を務めていた方の娘にあたります。平成3,4年頃か、北の湖が横綱を引退して部屋を開いた頃、その親父さんが部屋の支援で懸命に頑張っており、議員になった私もよく引っ張り出されました。北の湖とはそれ以来の仲、部屋見学にも何度かお邪魔しました。昨年の再会も本当に楽しいものでした。このところ健康が優れないとは聞いていましたが、かくも突然の急変で驚いています。心から横綱のご冥福を祈ります。
( 写真は横綱と、昨年11月23日、福岡市)