■ 『尖閣を守れ』出版記念会

  私はこの度『尖閣を守れーーー東アジアこそ世界平和への要衝』を出版しましたが、それを「出版記念会」の形で東京( 国会)と地元福岡で発表しました。私は政治家として多くの分野を担当していますが、外交安全保障は特に専門分野として研鑽を積んでおり、中でも中国との関係が日本にとってとりわけ重要となってきました。「尖閣問題」は一見小さな地域テーマのようですが、日本の主権、国益に関わる重要かつ多くの論点を含んでおり、「 Think global, act local 」( 大きく考えて、小さく着手せよ)の教え通り、実際は非常に重要な課題であります。その帰趨がアジアや世界全体の動きに繋がってきます。
出版記念会にも多くの人に来て頂き盛り上がり、私も大いに自信を深めたところです。

  私は生来書くことが好きです。日頃書き溜めたものを折り折りに纏めて発表しており、それも既に10冊以上を本にしています。一流作家の書き下ろしとは比べ得べくもありませんが、自分の主張や考えを世に伝え、とりわけこれからの若い人に考えを聞いて貰うのも政治家の役割りと考えています。筆才不足も顧みずこれからもしっかりと文章活動をしようと考えています。