■ 日米首脳会談

  日米首脳会談が行われた。安倍首相はオバマ大統領と首脳会談を行い、日米同盟をさらに強化すること、それを未来志向の「希望の同盟」と表した。経済的結びつきはもとより外交安保についてもより強い関係を確認した。安全保障については尖閣諸島を特記して東シナ海と、併せてフィリピン、ベトナムに関わる南シナ海についても意識を広げ、覇権主義に走る中国への警戒感を共有した。
  米国議会で演説を行い、終戦70年で「戦後」に名実共区切りをつけた。