■ 靖国神社、例大祭

      靖国神社、春の例大祭にあたり、多くの与野党国会議員とともに正殿参拝を致しました。ここには大東亜戦争を含む歴史上の戦没者246柱が祀られています。これら多くの人々の尊い犠牲の上に今日の日本の平和と繁栄があるということを改めて感じなければなりません。神社の荘厳な佇(たた )ずまいの中で、身の引き締まる思いを致しました。


靖国神社掲載、軍人の遺書

    ( 昭和19年2月 陸軍軍曹 本多正 命 24歳)

妹へ
  呉々も身体に注意して、俺の分まで母さんに孝養を尽くしてくれ。
  古来の日本婦人の如く、又、母さんの様に我を強く内に蔵してしとやかな日本婦人になる様修養してくれ。
      良き母こそ日本を実に興隆させる原動力になる事を自覚して。

      言ふなかれ一髪のみと我が魂は 七度生まれ祖國守らば        澄子殿

                                     正