■ 甲子園大会、100年目

  今、甲子園で選抜高校野球の熱戦が続いています。この全国高校野球は今年で丁度100年目ということです。
  ところで2004年( 平成16年)の選抜大会では、なんとこの私があの甲子園で始球式をしたのです。文部科学副大臣をしている時、開会式で祝辞を読み、遂に始球式までしたのです。初めて立つ甲子園のピッチャーマウンド。マウンド( 築山 ) というくらいですから、本当にバッターを見下ろすように高かった。ダグアウトのピッチング練習場で1時間ほど手ほどきを受けた後、いよいよマウンドに立ちました。思い切り投げると、なんとかバウンドせずに届きました。あの観衆の中、テレビにも出るのだからあがるのは仕方ない、冷や汗3斗の緊張でした。
  だいぶ経った頃、往年の大ピッチャー金田投手が同じ甲子園で始球式を投げたら暴投したという。俺は金田より上手い、と自慢して回って人から笑われたことがあります。