■ 「平和のメッセージ」

  地元の筑前町主催の第3回「平和のメッセージコンテスト」発表会が行われました。筑前町は「平和都市」を宣言して、太平洋戦争の遺品、遺物を多数収蔵し、戦争の歴史と反省を繋ぎ、その風化を防ぐために「太刀洗平和記念館」が設置されており、全国から多くの見学者が訪れています。( 今日までの来訪者、約80万人)
  このコンテストには毎年全国から平和に関するメッセージが何千も届けられ、優秀作品が発表、表彰されるのです。
  本日は冒頭私は祝辞に立って大会の意義を称えるとともに、敢えて尖閣諸島への中国艦船の領海侵入問題を取り上げ、日本の平和を乱す行為を非難して、今後それを厳しく排除する努力の必要なことを訴えました。林裕二県議が続いてフォローしてくれました。...
  表彰された優秀作品は小学生から一般までいずれも本人が平和の大切さ、命の尊さを立派に朗読してくれました。感動のあまり胸の熱くなるものもありました。