■ 尖閣諸島新地図、大ブレイク!!

  私が衆議院予算委員会で提示した尖閣諸島の新地図がいよいよ全国台で報道されるようになってきました。外務省のホームページに正式にアップされたこと、それを待っていたように読売新聞が夕刊の一面に載せたこと、さらにあのNHKが夜7時と9時の全国ニュースで大々的に報じたこと。なにより正しい地図と外務省が認めたことが大きいし、いずれも私の名前入りでの報道だから晴れがましくも感じました。
  一方で中国は多少慌てている風情で、ネットの中には「あれは日本人が捏造した」類いの書き込みが出始めており、むしろ私は血が踊る思い。半端な地図でない、「毛沢東語録」が立派な前文を飾り、これ以上ない権威と格付けを与えているのも、一貫して追い求めた成果が出てきたという感じがしました。
  大事なことはこれからわが国がこの地図をどう使い、遂に中国の無法な領海侵犯を止めさせるかであって、報道の動きを踏まえて党内や国会内、更には政府への働きかけが必要となる。写真はNHK 9時のニュースから。


コメントをお書きください

コメント: 3
  • #1

    ごまだんご (火曜日, 17 3月 2015 17:21)

    ありがとうございます! 日本の領土を守るために活動し、このように成果を上げてくださる議員がいらっしゃることは、国民として本当に心強いです。

    外務省のホームページを覗いたところ、英語版や中国語版では、同資料がまだUPされていないようです。自分の見落としであればいいのですが、ちょっと気になるところです。

  • #2

    Ensho Kobayashi (火曜日, 17 3月 2015 21:01)

    言わずもがなで、3月1日にもコメントしましたが、地図右上隅の「秘密」の表記と、沖縄群島と台湾省との縦の国境線も(短いながら)しっかりと確認していてください。非常に精細な地図で、地図専門家のチェックをしておくことも当然です。

  • #3

    福岡人 (火曜日, 17 3月 2015 21:19)

    原田先生、春日市在住の者です。
    先生の常に謙虚で温厚な人柄に惹かれ、応援させて頂いております。
    数年前に私の実姉を助けて頂き、おかげさまで障害児の子を抱えながらも元気に生活しております。
    尖閣問題で原田先生が出た時にはホント嬉しくてたまりませんでした。
    これからも益々のご活躍をお祈りしてます。