■ 予算委員会、毛沢東地図を本邦初公開

      衆議院予算委員会、私は質問に立ち安倍総理、岸田外務大臣らと議論を交わした。中国の尖閣諸島・領海や接続水域への侵入が止まらない。日本の主権への重大な脅威と違反である。この島は歴史的にも完全に日本固有の領域であって、中国の違法な侵略は断固として排除しなければならない。
  1895年から1971年までの80年間、日本は平穏に実効支配を続けてきた。200人を超す日本人が住まったこともあり、また何より中国こそがそれを日本領と認めていた。1953年の人民日報紙、1960年の公認地図は中国の認識をまともに裏付ける。
  それに加えて、今日私は全く新しい地図資料を公開した。1969年出版で中華人民共和国(国土地理院) そのものが発行、さらにかの「毛沢東語録」まで前文として載っている。私は言い放った、「これは本邦初であるのみならず多分、中国にも無い、この地球上で現存する唯一の原本である」と紹介。最後に外務大臣と総理大臣に対して、領域侵略を止めよとそれぞれ中国の王毅外相と習近平国家主席に申し入れよ、続いて国連やアメリカを含む国際社会に訴えて、日本の歴史の正しさを認識させよ、と迫った。かく言う私も自らの可能な範囲で中国大使館や中国政府に対し、さらには外国人記者クラブに申し出て、この事実を国際的に発信すると明言した。
  私は自らの政治生命を掛けてこの問題に取り組み、結果日中関係を正常化し、それがそのまま世界平和と繁栄に役立つものと信じている。

コメントをお書きください

コメント: 185
  • #1

    打矢繁美 (水曜日, 25 2月 2015 09:25)

    よく出してくださいました。
    応援しています。これからも頑張ってください。

  • #2

    小林圓照 (日曜日, 01 3月 2015 11:53)

    原田義昭先生
    始めまして。「毛沢東地図」の公表有難うございました。
    ものの真実は隠されても必ず現れることを証明して頂きました。
    日本のため世界のためにご活躍ください。支援します。多謝。

  • #3

    薮下義文 (日曜日, 01 3月 2015 17:33)

    すばらしい質問でした。地図がよくみえないのでpdfでお送りねがいます。yht02024@nifty.ne.jp,京都大学博士(地球環境学) 薮下義文。

  • #4

    少林亭猿笑 (日曜日, 15 3月 2015 06:57)

    唐国の「風無きに波を起こす」政治的手法は天才的です。見事に魚を釣った(問題化した)プロセスは芸術的です。「棚の上げ下げ」も自由自在です。こんな国との「和諧」は大変です。この地図名に「毛沢東」の一語を落とさないように。慎重に一歩一歩。やましな大石の里・えんしょう。

  • #5

    Ensho Kobayashi (火曜日, 17 3月 2015 01:51)

    世界中がみていることを相手に意識づける。いまはよく観察して微細な変化も見逃さない。軽々にこちらから無用な手を出さない。

  • #6

    少林亭猿笑 (水曜日, 15 4月 2015 13:18)

    大平さんの当時の苦労がよく分かります。日本国の国民(住民も)全員に伝え、世界にもしっかりと伝え、「毛沢東の地図」と云えば、このことだ、と認識してもらう。現在のZ旗とすることです。頑張ってください。一点突破で好いのです。

  • #7

    少林亭猿笑 (月曜日, 18 5月 2015 19:34)

    尖閣問題は米中の出来レースなどの風聞あり。つまらぬことに耳を貸さず、和国は唐船の領海侵犯を「粛々」と排除するのみ。

  • #8

    Ensho kobayashi (日曜日, 31 5月 2015 20:53)

    日中友好は子子孫孫に伝え。井戸を掘った人々のことを忘れないといった方々はどこへ消えたのでしょうね。

  • #9

    少林亭猿笑 (土曜日, 06 6月 2015 22:45)

    原田先生!いよいよ着実な一歩を踏み出しましたね。反省しつつ。この70年で、和国が真の平和を愛する国であることを世界に証明したのです。この事実を批判できる国はどこにもありません。自信を持って正々堂々と。 

  • #10

    少林亭猿笑 (月曜日, 08 6月 2015 19:24)

    G7での話題の尖閣周辺問題、「毛沢東地図」の国際承認が解決の最短即決方法(戦わずして勝つ)です。これに意義ある異見をどうぞ。唐国さん!航空機や艦船のオイルの無駄使いはやめましょう。

  • #11

    少林亭猿笑 (土曜日, 13 6月 2015 02:26)

    フイリッピンの平和を望む人々が、なぜ「唐国出て行け」と叫んでいるのでしょう。他人の領海に勝手に「砂で地図を描いている」からです。70年間の平和を守った和国にはぜひ協力(哨戒)してくださいと歓迎しています。この「信頼」は不動です。和国を貶めようとすることは、人類を混乱に巻き込もうとすることと同じです。

  • #12

    Ensho Kobayashi (土曜日, 13 6月 2015 13:44)

    いま唐・恨両国は焦っています。こちらは平和的・冷静的に粛々と、無法に領海侵犯して、「歴史を歪曲しようとする勢力」を排除し、その真実を世界に発信しましょう。。

  • #13

    少林えんしょう (金曜日, 26 6月 2015 21:54)

    唐国の少林寺では、自衛のために「少林寺拳法」をやっていた。和国では、元寇のとき立正「安国」と提唱したのは日蓮さんでしたね。

  • #14

    少林えんしょう (金曜日, 03 7月 2015 09:24)

    唐国の南沙空港の起動前に、フイリッピン・美国・和国で緊急合議して、フイリッピンに、監視拠点を造り、そこに唐国の関心を引き付けておくことです。

  • #15

    Ensho kobayashi (金曜日, 03 7月 2015 20:57)

    唐国は、その南部・香港・台湾への引き締めに躍起です。美国は、南沙の卵が怪獣化する前に、コントロールしておきましょう。

  • #16

    少林亭猿笑 (日曜日, 05 7月 2015 07:00)

    かっての親日の絆が切れかかっていないか?泰国(潜水艦購入)と台湾(抗日の揺れ)など。しっかりと和国との信愛を取り戻すとき。

  • #17

    少林えんしょう (月曜日, 06 7月 2015 11:41)

    「南沙」の動きを、北からは和国と台湾とが、東からはフイリッピンと美国が、西からはヴェトナムが、南からはインドネシアとブルネイから、南は豪州から、しかりと観察いたしましょう。

  • #18

    少林えんしょう (火曜日, 07 7月 2015 19:59)

    今度は唐国のガス田異常増幅にご注意を。

  • #19

    少林亭 (水曜日, 15 7月 2015 22:05)

    グーグルマップがスカボロー領有を主張する唐国の「中沙諸島」の表記を削除したことは、中立的立場として、一応よい。問題解決への第一歩。

  • #20

    Ensho Kobayashi (金曜日, 17 7月 2015 04:39)

    安保法案・衆院通過だけでも南沙・尖閣問題の当面の「抑止力」効果を発揮できます。平成の「船中八策」として維新を生み出す基礎となればと念じます。竹島と北方領土(三島だけでも)の問題は、和国と露国との「恨半島」をめぐる新展開から自然に解決向かうのではないでしょうか。

  • #21

    少林えんしょう (土曜日, 18 7月 2015 09:57)

    尖閣同様、西沙・南沙でも、唐国のミスチーフ(わるさ)に東南アジア諸国は悩まされているのです。その諸国が和国の安全保障の法制の整備に賛成していることは理の当然でしょう。

  • #22

    少林亭 (月曜日, 20 7月 2015 17:13)

    「自由な海で強いものが弱いものを振り回すことがあってはいけない」。海の日の安倍首相のことば。簡にして要。いいですね。この一語に尽きます。

  • #23

    少林えんしょう (木曜日, 23 7月 2015 11:42)

    やっと唐国でのガス田の16基が明らかになってきました。唐国は「碁を打つ」ようにいつも問題事案で研究しているのです。細密・継続・監視が必要です。あちらさまも一歩一歩のミスチーフの進展があるということは、こちらが昼寝している間に、z幡を掲げているのと同じです。

  • #24

    少林亭猿笑 (金曜日, 24 7月 2015 23:15)

    尖閣とガス田の案件で、唐国は不退の覚悟で既定通りに着々と。ですから和国は、不断の監視と報告は子供にまかせ、大人は平和的、謀略的、隠密(潜水など)活動の対策を10種ぐらい用意して不測の事態にあわてないように。

  • #25

    Ensho kobayashi (土曜日, 25 7月 2015 10:57)

    お盆ですから。唐国のお坊さんに物申す。尖閣の美しい海原を石油で汚染しないこと。「心清ければ国土清し」は、ほとけの言葉でしたね。恨国のお坊さんに物申す。仏像は盗めても「仏心」は盗めないと。「恨みは恨みをもってしては消えない」とは仏説ですね。和国の首相は「坐禅して、心を清浄に保つ」努力をしています。如何?

  • #26

    少林えんしょう (日曜日, 26 7月 2015 11:07)

    唐国の確信犯的ミスチーフさえなければ、アジアは平和なのです。瀬戸内寂聴さん[90歳代)は戦争反対と叫んでいますが、小生(80歳)も戦争反対です。寂聴師の法力でなんとか、唐国の無理な乱暴を止められませんか。お盆で、南海で散った魂がかえってきますが、この状況では、たま安かれといえるでしょうか。ペキンさんになんとかいえませんか。お願いします。合掌。

  • #27

    少林えんしょう (月曜日, 03 8月 2015 20:30)

    最近しきりと、唐国の監視船が尖閣近辺で自国の漁船など(?)に乗り込み臨検をやっているようですが、「強引な和船臨検」のためのリハーサルではないでしょうか?かなり際どくなってきて、不測の(こちら側)、仕掛けた[唐国側)つばぜり合いが、危惧されます。

  • #28

    少林えんしょう (日曜日, 25 10月 2015 05:12)

    いよいよ南沙の問題がマニフェストしてきました。航行の自由ということで美国は南沙に入ってゆきます。周辺国はかたずをのんで今後の唐国の行動を監視するでしょう。平和でかつ、法理に適った問題解決が求められます。

  • #29

    Ensho Kobayashi (火曜日, 27 10月 2015 21:36)

    本日27日、イージス駆逐艦ラッセンが哨戒機を従え、南沙に入航。唐国一応反応。
    美国の作戦初日、成功。周辺国の協力必要。

  • #30

    少林えんしょう (火曜日, 17 11月 2015 20:13)

    南沙・西沙・尖閣に関して唐国が手を抜けず、かえって負担が増し、金縛り状態にすることがベストです。美国の監視船を中心に、周辺各国(台湾も含めて、10か国ぐらい)が月1で、巡視船を巡遊させればよいのです。ついでに尖閣の方も同様に。どうすれば唐国の重荷になるかということです。最近、尖閣周辺海域に「何かを投棄している」ようですが、注目してきましょう。

  • #31

    少林亭 (木曜日, 19 11月 2015 00:44)

    久米島周辺の唐国の動き注意(14日)。「将(唐海警3隻)を射んとせば、まず馬(バハマ船籍調査船(1隻)を射よ!」緊急に不審な動きを理由に、この石油調査船ディスカバラーを追跡・拘留・臨検すべし。尖閣と同様の動き有。こちらがディスカバラーに近づけば、唐3隻がどう出るか、観察。こちらからの無理な実力行動はだめ。ディスカバラーは紛争惹起のための「わな・えさ」かもしれないから。南沙関係でも要注意。
    和国はこんなことを(平和を乱す)すると言質を取られないように。

  • #32

    少林亭えんしょう (金曜日, 20 11月 2015 14:27)

    世界の注目が南沙に集まるように。周辺諸国船が月1交代位で南沙・西沙・中沙周辺を巡遊する。唐国の監視停留船はフイリッピンさんが観察する。唐国をできるだけ釘づけにする。尖閣に飛び火しないように。和国はディカヴァラー(唐国の使い)を注視すること。唐国は、南沙と尖閣の二刀流です。その動きをコントロールすることです。

  • #33

    少林亭猿笑 (土曜日, 21 11月 2015 18:38)

    11月20日ロイターは美国の南沙巡視活動再開を報じた。唐国のわがもの顔をみんなで粉砕すべきである。美国だけでなく周辺国が共同で、交代して巡遊すればすばらしく絵になる。尖閣海辺で和国とフイリッピンとの兩国船が肩を並べて回遊し、フイリッピン周辺南沙辺で豪州とフイリッピンの両巡視船が手を取って巡航し、西沙周辺で、和国とベトナム艦船とが仲良く巡遊する。こんなに美しく楽しい絵が描ける。航空機や潜水艦が加わればもっと面白い。この平和の夢を破るものはダレカ???強欲な国はどこか?

  • #34

    少林亭 (日曜日, 22 11月 2015 19:38)

    唐国の既定の我欲路線の「百年マラソン」と情報強奪と混乱拡散の先兵である「千の砂粒」に対して、「千年平和の安らぎ」と「万年人類の豊饒」のいしずえを築くために、和国のあったかく美しい文化・文明で先導しましょう。

  • #35

    少林亭猿笑 (土曜日, 28 11月 2015 22:56)

    小生の6ヶ月前の予言どうり、中国にとって南沙問題がお荷物になりました。とにかく全世界が注目している前で、どんなごまかしをしても観察されているからです。南沙と尖閣の二刀流の内、いまは、尖閣周辺をつつくのみ。来年の韓半島の動揺を予測して、南韓の諸島、尖閣、琉球、南九州、五島列島あたりで変動を利用して、どんな手が打てるか準備中でしょう。(ことあれば手を突っ込むハイエナのような露国の手法と同じ)。油断禁物。

  • #36

    少林亭 (月曜日, 30 11月 2015 22:17)

    南沙問題の平和的解決の為に。 1、東南アシア各国は南沙の人工構築物・人口岩・人工島の状況変化を観察し、日誌的月刊の公式レポートを発行する。 2、この構築ないし造成の主体ないし主体国の作業状況を観察する監視・研究拠点をフリッピンないし周辺地域につくる。 3、人工島の構造を調査(間接的でも)し、撤去の場合の方法をもシュミレーションしておく。 4、東南アジア各国の定期的交替の観察巡航を常態的に実施する。 5、人工島を拠点とする領海主張の根拠のないことを周知させる。(南海五策)。 <南海は観音さまの浄土ですので。南無観世音菩薩に合掌!!>。

  • #37

    しょうりん亭猿笑 (火曜日, 01 12月 2015)

    飛行場など航空機に対するレザー攻撃に注意。沖縄と東京周辺の反日的なグループが動いているように思う。

  • #38

    小林えんしょう (土曜日, 05 12月 2015 13:24)

    防衛大臣!、怪しからんなどと言っている暇に、緊急に「航空機レザー攻撃に対する法整備」をしてください。内外を問わす厳罰です。必ず問題が起きます。予言します。

  • #39

    少林亭えんしょう (月曜日, 07 12月 2015 00:16)

    航空機に対するレザー照射をはやく航空機危険罪などでコントロールしてください。
    またレザー照射の総括的な対応・対策を検討してください。対象は航空機、船舶、車両、列車、エヴェント会場、スポーツ競技一般、(対集団ないし対個人的な襲撃照射も含めて。把捉が困難ということは、照射効果が絶大だということです。特定困難な課題ですが、宜しく。2015年は国連の「光」年なのにこんな危惧を書くのは残念ですが。

  • #40

    小林亭 (月曜日, 07 12月 2015 19:40)

    レザー照射の件、12月2日、3日に集中している。丘珠・小松・川崎・厚木・普天間など全国一斉になされている。照射行動が相互呼応するとみられる。5年前から150件、緑色レザー・ポインターからで、もし今後、安全規制を逸脱した高出力の場合(国外品がもたらされた場合)が危惧される。まさか類似レザー砲にまでエスカレートすることはなくとも、用心に超したことはない。

  • #41

    少林亭えんしょう (水曜日, 16 12月 2015 23:41)

    14日、鹿屋(海自)基地の管制塔屋上煙突からの黒煙あり。ボイラーの不具合とか。たとえ問題はなくとも、基地など公的施設に対する反日策動の可能性の有無の視点を看過しないことが重要。対レーザー照射と同様。

  • #42

    Ensho Kobayashi (木曜日, 17 12月 2015 00:06)

    15日BBCによるとオーストラリア哨戒機が南沙上空を、美国に同調して巡航とのニュースあり。東南アジア各国も同様の協力が望ましい。(南海五策④)

  • #43

    こばやしえんしょう (月曜日, 21 12月 2015 00:06)

    南沙が膠着状態ですので、尖閣領海に侵入し始めました。ご苦労様ですが、ひどい場合は領海侵入をつたえ、その領海内の一隻だけを空・海上・海中から完全に包囲して逃げられないようにして、懲らしめて、冷や汗をかかした方がよいのでは。

  • #44

    Ensho Kobayashi (月曜日, 21 12月 2015 11:24)

    北朝鮮からの漂流船が増加している。生活難民の大量脱出漂流民(ボートピープル)発生の前兆ではないか。対策を考えておくべき。

  • #45

    少林亭 (火曜日, 22 12月 2015 00:32)

    東シナ海における日本版「A2AD](接近阻止・アンチ・アクセス<AA> +領域拒否・エリア・デナイアル<AD>作戦は自然な流れとして、理の当然である。「海上で、上空から、潜水して」、の三面から完璧な壁を造れば、一応、初期段階ではOKである。結果的に#43などのケースが出る。(無論こちらから手を出さないこと)。あえて網を破れば、一匹位を誘導して、自然と金縛り状態に落とし込む。

  • #46

    少林亭えんしょう (木曜日, 24 12月 2015 00:20)

    #35にあるように,唐国は南沙が停滞すれば尖閣と両天秤で東アジアの諸島を蚕食しているが、Will(2月号)で才津為夫氏の説くように、五島列島周辺の守り(即応体制)が重要と思う。

  • #47

    Ensho Kobayashi (木曜日, 24 12月 2015 23:26)

    2016年は丙申に当たり大変革の年だそうです。最近「余命」上梓とかで日本覚醒の書だとのうわさ拡がり、アマゾンまで潤っているとか。年末年始で雑踏の場は用心しましょう。これがもとで騒乱にならぬよう注意しておきましょう。とかく油断のならぬ歳になりそうです。無事迎春を!!

  • #48

    えんしょうこばやし (土曜日, 26 12月 2015 14:47)

    20日以来とうとう唐国は痺れを切らして、3隻の公船の領海侵犯。一隻には機関砲を具えているらしい。和国は#43と#45に類した威嚇・捕獲作戦を準備すべきですね。相手に打たしてもこちらは打たない。撃ってくるのを待って、直ちに全世界にニュース拡散する。「平穏で波なき世界に、傲慢・強欲の波乱を起こす世界の敵だ」と。「平和を愛して、世界が歓迎する日本を攻撃するる者は人類の敵だ」と。

  • #49

    少林亭えんしょう (月曜日, 28 12月 2015 11:31)

    尖閣領海の侵入に、唐国は軍の艦船を改造して、巡視船に擬して徘徊しはじめていることに注意。いつでも実働できるぞという威嚇、ないしは実働の可能性をしさしている。緊張の度合いを高めている。#43,45、48方式で対応すれば、必ず打ってくるでしょう。こちらはどうするかですね。

  • #50

    小林えんしょう (木曜日, 31 12月 2015 12:21)

    来年二月のアメリカでのASEAN首脳会議で南沙など南シナ海の問題が提起される予定であることに期待したい。それまでに和国はしっかりとプランを練り、各国に予め相互協力を要請して置くことが望ましい。本格的な対決になる。

  • #51

    小林えんしょう (金曜日, 01 1月 2016 01:19)

    額賀さん!お心はわかりますが、いま恨国に行くのは止めてください。雨降って地固まると言いますが、固まるどころか泥沼状態でしょう。恨国は慰安婦の問題にしても、自分で処理できないのです。待ちましょう、待ちましょう!和国がなくても自立してやっていけるのを。あなたが行けば返って「ずぶずぶ」となります。蟻地獄を泥沼にする。せっかくの安倍さんの決断があいまいになる。それでも俺に任せよ、何が起こっても責任を取るというのならどうぞ。これだけ恥を忍んだのに、元の木阿弥にならないように。  まずはお正月、新春おめでとうございます。まちましょう!!

  • #52

    少林亭えんしょう (金曜日, 01 1月 2016 22:00)

    この暮れ(27日)には唐国情報収集艦が房総沖をうろうろ。南沙・尖閣に加えて、日本海と太平洋側との挟み撃ちということでしょう。年内には「遼寧」に続いて、大連と上海で空母を建造中。2020年までに3空母戦闘群編成とか。今頃になって親中であったM.ビルズベリー氏(美国国防省顧問)が、唐国に経済・軍事・政治の地位をうばわれるとか、ボケタコトをほざいている。美国は唐・恨国にバカに甘く、北鮮の核化をずるずると和国をだまして、許してしまったではないか。(世界で冠たる大和を押さえつけた、その付けが美国に回ったのです)。安倍総理!美しくて、優しくて、しかも強靭で政経に賢い和国を創りましょう。わが道をゆく2016年!。

  • #53

    こばやしえんしょう (土曜日, 02 1月 2016 14:09)

    1月1日、唐国はロケット(ミサイル)軍を新設、陸軍司令部編成、戦略救援部隊も強固にして軍改革を進める。いよいよ大軍事覇権国家の登場であり、人類が平和を願う時代の確信犯的逆行である。美国・東南アジアはどうでるか。和国はまず東南アジアと連携し、特に台湾との協力対勢の紐帯を不動のものとすべきであろう。さらにウイグル、近隣中央アジア、チベット、雲南、内モンゴル、旧満州の東北地域など、唐国周辺地域と密接な親和関係の苗をしっかりと植えて、いざという時の成果を結実することが望ましい。戦後、自由独立運動の最終版であり、「第三次」も未然に防げる。

  • #54

    こばやしえんしょう (日曜日, 03 1月 2016 06:57)

    2日、唐国は初の実験飛行を行ったようだ。ベトナムが早速、非難、抗議する。半年前から予期していた事態が起こる。美国はネボケて監視を怠ったか。知らぬ顔を決め込んだか、全くあてにならない。新年早々、大唐覇権軍は海(空母の件)・陸(ロケット軍の件)空軍ともに一斉に動き出し、世界制覇の勢いである。停止を求め、ベトナムと協調して、和国は無論、東南アジアは非難の火ぶたを切るべきである。国連のバンさんなど力にならぬ。今年任期終われば、和国から女性の国連事務総長でもだすべし。

  • #55

    こばやしえんしょう (日曜日, 03 1月 2016 23:10)

    唐国公船のベトナム漁船追突、唐国南沙の試験的な発着飛行、美国爆撃機の人工島誤飛行、漁場を荒らされたフィリッピン漁民の唐国への訴え、フイリッピンの南沙抗議のグループが唐人工島に上陸滞在するなど、南シナ海でかなり接近した小競り合いが増してきた。アセアン首脳会談を前に焦った唐国と諸国が、いったん銃砲使用に及べば、触発して小競り合いが紛争となり、西沙・南沙を問わず、南シナ海全域に拡がる可能性があるのではないか。もし起こるとすれば、唐国が会談前に状況整備と地盤の確保とを狙えば、1月後半から2月中ということになる。

  • #56

    こばやしえんしょう (水曜日, 06 1月 2016 02:01)

    #49で指摘した通りに,尖閣周辺で、唐国はフリゲート艦を改造して海警局の巡視船として使用している。すでにフリゲート艦3隻がすみ、巡洋艦2隻が改造中である。ということは、着々と尖閣奪取の準備をしていると見てよい。和国の何かの油断を、(たぶん南沙の小競り合い)を利用して、一挙に電撃侵入・上陸・奪取して直ちに「自国の諸島」を和国より奪還したと、世界に宣告することになろう。夢物語ではない現実である。やはり南沙と同じ時期、今月末か2月が危ない。

  • #57

    えんしょうこばやし (水曜日, 06 1月 2016 11:08)

    #56の兆候は、オクワナ知事周辺の動向を観察するのがよい。その日が近ずけばきっとソワ、ソワするでしょう。唐さんの誘導先発はもう島に上がっているのでしょうか
    隅々までの掃除のこと。取り返すのは大変ですから、転ばぬ先の杖!!

  • #58

    小林えんしょう (土曜日, 09 1月 2016 21:38)

    先述のように唐国は、軍艦を仕立て直して、海警局公船にカモフラージュして侵入し、狡猾にも、ここは唐国の領海であると言う。なぜそんな猿芝居をするのですか?もういつでも尖閣を頂きますというサインでしょう!ここまで言われて覇権主義を見せつけられてハイ、ハイはないでしょう。美国のK・ギルバートさんまで「唐の横暴から目を背けてはだめ」といっています。現実逃避です。和国が美国に負けたのは、真珠湾攻撃の通告が遅れたことでしょう。その油断の段階で、もうすでに負けていたのです。無念。ただちに尖閣諸島の全捜索・先発隊派遣・守備隊上陸・海上・海中護衛・上空監視を一月末までに終わっておくべきでしょう。その段階で唐国ががたがた言えば、はっきりと自国防衛でどこが悪いと世界に宣告すればいいのです。日本に敵対するものは人類の敵であると。「こちらから弾を打ってはいけません」。最初は打たれる覚悟から。

  • #59

    少林亭えんしょう (月曜日, 11 1月 2016 01:30)

    総理を目指す聖子さんが、「和国に南シナ海は関係ない、南沙は棚上げでよい」とおっしゃったとか。頭上の「棚」は思わぬ時に落ちてきます。尖閣の棚上げが適例でした。(#4参照)外務であった大平さんが唐国は、今この問題(尖閣)に「リラクタント(気が向かぬ)」といっているから棚上げでもいいかと。それが今、尖閣問題です。和国のタンカーが紛争で通れないときはどうします。牡丹餅のように、石油は棚から落ちてはきません。トンチンカンな政治を薄笑いをしてせっせと尖閣上陸を準備しているでしょう。「緊張」が嫌いでも、お相手が「緊張以上の行動」にでているのに。確信犯といっしょに楽しくダンスするなど曲芸の極致。唐国ならできるかも。

  • #60

    えんしょうこばやし (土曜日, 16 1月 2016 09:51)

    唐国の核心的な利益追求というのは「我欲丸出し何でもアリ」という意味。西沙・永興を中心に西・中・南沙を管轄する海南省三沙市と称し実効支配しているという。三沙市は、人口最小・面積最大と豪語し、民間(軍事は無論)の空路も飛ばしますよと。そのうち観光にもいらっしゃい、と。とうとう、南シナ海域を(他国の物があっても)領有しましたよ、と。これを皆様どう処置します?一回ぐらい美国の艦船が遠慮がちに南沙を通ったぐらいは、「河童の屁」のツッパリにもなりません。良識ある国が争いを避けることをいいことに、まことに「平和的手段」で頂くものはどんどん頂戴しているようです。このままでは、尖閣も沖縄も九州周辺諸島も「平和的に?」差し上げることになりそうです。美しい日本のあなた!それでよければよいのでしょうか?

  • #61

    猿笑こばやし (日曜日, 17 1月 2016 03:16)

    唐国の嫌がることをすれば、和国にとって正しく実がある、という図式が出来ているようです。いま、尖閣防衛などをすると、唐戦艦を限りなく送るぞと恐喝していますから、和国がいますることは何かがわかるでしょう。一例をいえば。未来を先取りするような先端的な技法を駆使して、「島の要塞化」などいかがでしょう。相手が一歩でも近ずけば自動的にアウトになるような。申(=猿・さる)年の夢想ですめばいいのですが。

  • #62

    小林えんしょう (日曜日, 17 1月 2016 17:10)

    対イラン制裁が解除できる運びとなったことは、和国との伝統的友好関係の復帰と強化に繋がり、まことに望ましい。(和国とイランの親和な関係を、美国はとかく事あるごとに、足を引っ張りますからね)。また台湾の総統選で、民進党の蔡氏がはじめての女性総統として勝利したことは素晴らしい。暗雲の中にも明るいニュース。南沙・尖閣にもプラスの方向になれば。

  • #63

    こばやしえんしょう (月曜日, 18 1月 2016 21:40)

    先週から今週にかけて関西を中心にJrや私鉄に、置石事故が多発しているのではないか。瀬戸大橋線(橋上に10個の置石痕)が印象的。一斉に列車妨害により静かな、ゲリラ活動の発端ではないか?要注意。

  • #64

    小林えんしょう (土曜日, 23 1月 2016 01:23)

    #63の瀬戸内線のニュースのみ誤報・お詫びします。
    ①さてフイリッピンの民間航空局(AAP)が、パグアサ島に管制機器の設置を発表。唐国は反対しているが。フィリッピンの快挙である、よいニュース。
    ②唐国の謀略の表れと思うが、和国の尖閣防衛の非力について、美国側(研究機関)からとして情報を流している。和国の防衛気力をそぎ、弱体化するためである。逆からいえば「発火時期」が近いともいえる。断固、尖閣防衛を万全にすべき時ではなかろうか。オキワナ政界に何らかの兆候がみられぬか。

  • #65

    少林亭えんしょう (日曜日, 24 1月 2016 01:49)

    1「平和を愛する和国の友は、<世界の友>である」
    2「不戦を誓う日の本の敵は、<人類の敵>である」
    この二つの大文章を世界の隅々まで拡散徹底させる。

  • #66

    こばやしえんしょう (月曜日, 25 1月 2016 11:39)

    マネー・ロンダリング(浄化)ならぬ「ニュース情報・ロンダリング」とかいうものがあるそうですが、クネさまの告げ口外交などもその変形でしょうか。尖閣非力の唐国の宣伝は、美国を回って和国に伝わるようにしていると思います。信じていけない、ご用心。

  • #67

    猿笑こばやし (月曜日, 25 1月 2016 22:33)

    地球温暖化で異常気象、地殻変動などいろいろなことがおこります。尖閣諸島周辺の唐国ガス田周辺も必ずしも安全ではないでしょう。ときどき和国巡視船が危険な状況がないか、シッカリと巡回監視してあげましょう。16ほどあるという唐国のガス田基地が、地殻変動で一度に、全部ひっくり返えることのないように。

  • #68

    小林えんしょう (火曜日, 26 1月 2016 22:51)

    いよいよ1月末ー2月前、甘利さんの件だけでなく、28日ごろからいろんな変化の兆候が表れるでしょう。尖閣・竹島周辺は無論のこと、オキワナのおなが鳥が、選挙に負けたからといって、手の裏返したように、唐批判しつつ変な声で鳴くとき、モーイイヨ!のサインなのです。その前にテロ対策として、国民保護実動訓練を全国組織でしっかりとやっておきましょう。ゆめ・まぼろしでなく現実です。戦後70年の平和なお花畑の土中にとんでもない、和国を貶める落とし穴が潜んでいたことが暴露されます。些細なことも、和国の隅々まで、よく観察し、覚悟を決めて対処できるように。和国に光あれ!!

  • #69

    猿笑こばやし (水曜日, 27 1月 2016 09:12)

    27日発。唐国は南沙の実効支配を堅固にし、拡大するため「生態保護区」の整備などといっています。フイリッピンなどの周辺国に対する既成事実化のための、耳触りのよい「環境整備」などといっているのです。他国の海域に、だれも止めないから抵抗なくやすやすと、無料で頂くものは頂くという、平和な強奪です。早急な東南アジアないし国際会議の審判が求められます。唐国の世界征服の野望を阻止しなければなりません。 

  • #70

    こばやしえんしょう (水曜日, 27 1月 2016 20:40)

    台湾の馬せんせい、28日、南沙・太平島へ、今頃行っても駄目ですね。選挙前に行かなきゃー。残念でした。訪問自体は悪くありませんが。後釜の蔡せんせいに尖閣の事をうまく話を纏めるように、和国寄りで、ご指導ください。

  • #71

    小林えんしょう (金曜日, 29 1月 2016 14:17)

    北鮮はミサイルを打つ打つとやかましく宣伝しています。美国のランド研究所は、唐国にお手伝いし、情報ロンダリングとして、一週間で唐国は「尖閣占拠」を完了と宣伝しています。騙されてはいけません。美国はいよいよ東アジアに、空母機動艦隊を派遣するという情報があります。こちらは事実のようです。二月初めから三月まで目が離せません。国内では100の偽保険証発行、1000名の偽造入国証明など。南沙・尖閣・石垣・沖縄・南北九州・五島・竹島・北陸・北海道北東部・北方4島・小笠原・静岡太平洋岸など、警戒警報をだすべきでしょう。そして一家に一冊『命日記』愛読を。泥棒がいるから戸締りが大切(戸締りするから泥棒が発生するわけではない)侵略者がいるから護国・防衛をいわねばならないのです。世界平和を夢見て。

  • #72

    猿笑こばやし (土曜日, 30 1月 2016 02:41)

    唐国軍艦が領海侵入をすれば、和国は自衛隊の艦船を出して対処するとの発表に、唐国外務省は、東シナ海の緊張エスカレートはよくない。対話と協議を通じて問題を解決して行くと、日頃の和国の言葉を盗んでのオーム返し。解決すべき問題は誰が起こしているのかふざけるな。いよいよ油断させて侵攻か。日銀さんも唐国との有事対処を準備しているのか。防衛庁も北線ミサイルを打ってもよいとのお許しも出た。そのうち美国艦隊も到着するでしょう。z旗は揚がった。「尖閣海上波高し、各員、奮励努力せよ」。

  • #73

    こばやしえんしょう (土曜日, 30 1月 2016 23:41)

    美国のハリス長官は、27日講演で、唐国が尖閣攻撃をすれば、美国は守ると明言した。
    また美国は、30日、第7艦隊所属のイージス艦を西沙に派遣、トリトン島12カイリ内に入った。(唐国は当然非難)美国は和国との連携、南シナ海での監視など、順調な活動が見られる。

  • #74

    えんしょう小林 (日曜日, 31 1月 2016 21:21)

    31日、那覇基地に第9航空団新設F1.15で2隊・40機で編成、尖閣・西南の領空侵犯に備える。しっかり頼みます。長崎の造船所(大型客船用)3回目のボヤ、全国造船所ご注意。船は大切。有事の大量移動は船しかありません、加えて乗船員さまも宜しく。

  • #75

    こばやしえんしょう (日曜日, 31 1月 2016 23:54)

    31日、唐国の哨戒機2機が、領空侵犯はなかったが、壱岐・対馬上空をを飛行。和国の第9航空団編成に対する、初のけん制のご挨拶でしょう。那覇に近づかずぐっと対馬・壱岐とは「敵も猿もの、引っ掻くもの」で素早いですね。スクランブルして、ダメ押しをしておいた。スクランブルなければ和国の負けゲーム。受け身ばかりでなく、たまには、ガス田近くを回遊して、周さんの手土産に、最高性能の「補聴器?」などのプレゼントを落としといてあげましょう。

  • #76

    小林えんしょう (火曜日, 02 2月 2016 23:51)

    28日の政府との新協議会に上京し、オクナワ・オナガドリ知事は,菅官房長官とにっこり笑って、握手しているが、#68の予告のように、唐国へのモーイイヨのサインの準備でしょうか?

  • #77

    こばやしえんしょう (木曜日, 04 2月 2016 01:44)

    和国土および恨半島有事(両国が紛争を起こすということではなく、色々な状況を案じての意味)に関して、在日の方々(または旅行中)に行き先の特定できない場合、西のハワイといわれるほど環境のいい「済州島」に、一時、移住・帰国して頂いて、あとは恨国様にお願いする。在恨の日本の方々(または旅行中)は何とか無事、日本に帰れるよう政府に「最良の具体案」を作って頂く。現地と関係部局とは、定期的に混乱状況有無の連絡が取れるようにしておく。両国民の安全保護のためです。
    尖閣諸島で上陸侵入の可能性のある処ロは、守備側が無人でも、自動的に撃退できる仕掛けを作っておく。

  • #78

    少林亭 (土曜日, 06 2月 2016 23:20)

    北鮮の人工衛星偽装の打ち上げがどうして石垣島周辺の方向になるのでしょう。もっと飛ばして南沙でもいいし、対美国なら東方へ打つべきです。ともかく唐国も北鮮のコントロールが出来ないと。変ですね。そうでしょうか。北鮮勢力が恨国に拡がり、唐国は北鮮の政治経済の首を抑え、北鮮は恨国の政治に浸透してた勢力で混乱させる。慰安婦問題も然り。唐国は20年でほぼ韓半島を掌握した。鮮・恨両国は、意のままにお手伝いしてもらう。唐国は手を汚さず、尖閣有事には、鮮ミサイルで、オクワナの混乱も鮮・恨が下請けするという構造ができた。唐国を叩こうにも私は知りませんと、高見の見物。和国どうします?

  • #79

    小林えんしょう (火曜日, 09 2月 2016 02:28)

    南沙・尖閣・竹島も今のままでは睨み合っている状態であるが、このたびの北鮮のミサイルに対する各国の制裁に耐えられない場合、北鮮が暴発して38度線が発火する恐れがある。中・美はそれを抑え込もうとして失敗してこじれた場合、南沙・尖閣・竹島にも連動して、その時点で恨半島有事の可能性がある。

  • #80

    こばやしえんしょう (土曜日, 13 2月 2016 01:28)

    ①慰安婦問題は昨年末で、国内的には解決しました。あとは恨国にお任せ。それは電撃的で、今年のノーベル平和賞はAbe総理のものです。世界の慰安婦問題に解決の糸口をつけましたから。②に大統領選で美国も東アシアに対し生ぬるい対応はできません。尖閣もいざとなれば動かざるを得ない。でないと和国は美国を信用しない。ということと唐国は二つにお荷物(南沙の世界からの監視と尖閣とガス基地の保全)が邪魔して動きが鈍くなりました。③北ミサイルで唐国も責任ありとにらまれ、停滞、残る問題は北のミスチーフ。在国内鮮は拉致道具化の本音をさらし、北批判は怪しからんと和国を脅します。怪しからんのはミサイル打ったそちら側。現在、危ないたき火をしているのは北さんのみ。注目点が北へ移動しました。美国の本気度が試されます。オクナワ君がミサイルに震えたというのは予見どうり、免罪符づくりでしょう。

  • #81

    少林亭 (土曜日, 13 2月 2016 02:21)

    月内に暴走の予感がします。捉われた皆様には申し訳ないが。ここは我慢のしどころ。そーりの失策などとたたく人は、和国の友ではありだせん。葬蓮もだめです。人の命を道具にするものは、和国の神仏が絶対に許しません。

  • #82

    こばやしえんしょう (月曜日, 15 2月 2016 15:39)

    唐のくれない染めは実に見事で、とくにその直系の鮮染め,間接の恨染め、オクワナ飛び火染めなどの織物がありますが、心優しい台湾まで北平風の染がひろがり、「馬」脚を露出し、菱UFJ工場を通じて、エアースプレイとかいう新株シミ抜き方法で「萌え絵巻」をみごとに脱色したとのこと、買い手には、「しゃーぷ」にご観察・ご用心くださいませ。 参考「紅染め脱色法」から。

  • #83

    少林亭猿笑 (水曜日, 17 2月 2016 02:06)

    15日、某国の潜行潜水艦が対馬接続水域をうろうろ。鮮半島有事の可能性を調べているのでしょうか。北鮮ロケット騒動で、在韓美軍撤退もストップか?かえってクネさま安心か。北は各国制裁で段々とヒートしてきますから、38度暴発ならずとも、和国は、流れミサイルの可能性、難民の可能性をみとめ、しっかり準備を怠らないようにしましょう。平時慰安婦予備娘軍も、危なくなると言って早くかえってもらいましょう。

  • #84

    こばやしえんしょう (木曜日, 18 2月 2016 08:50)

    #55の予想どうりASEAN会議に対抗して同時並行でミスチーフフォ行った。
    西沙に地対空ミサイルを配備したことである。動きは思ったよりちいさく、議題に挙げられるのを恐れて、時期は遅かったが、確実な対抗処置、実践的な現状変更をしたわけである。

  • #85

    少林亭えんしょう (土曜日, 20 2月 2016 00:42)

    北への各国の制裁をしっかりやる最後のチャンスです。今までの生ぬるい事では100年経っても同じでしょう。そして後ろで知らぬ顔の唐さんにもドスンと響く制裁を。北には核とミサイル、唐には西沙ミサイル設置に対して、同罪の制裁を。今やらねば、いつ、どこでやる。北が暴発しそうになるまでプシュし続ける。無論暴発には色々、備えておく。南沙はフイリッピン担当、西沙はヴェトナム担当で、それぞれ自国の(唐人工島に近い)島に防空施設を配備、即応できる、ミサイル防御・ミサイル攻撃の準備をしておく。この件に関して、美、オーストラリア、和など(唐に汚染されていない)各国が協力する。大体、煮え詰まってきました。

  • #86

    小林えんしょう (土曜日, 20 2月 2016 10:39)

    西沙はヴェトナム担当、南沙はフイリッピン担当で、それぞれの自国の(唐の人工島に近い)島に防空基地を作り、自衛設備を整え、対空・反撃のミサイルをもつ。緊急の場合、即応出来るようにして置く。両国を美国・東南アジアの各国が応援する。海上の巡航監視と、防空対抗がなければ、半年すれば、南シナ海は完全に唐の手中に堕ちるでしょう。これでよければいいですか?どうします?ある大臣は和国は関係ないといったそうですが。

  • #87

    少林亭えんしょう (土曜日, 20 2月 2016 11:38)

    和国は、WWⅡ大戦中のその在り方について深く反省・慚愧し・懺悔したのです。それから70年、ひたすら国際協調、積極的平和外交を推進してきたのです。この70年の和国を批判・非難することのできる国は地上のどこにもありません。和国に対する理不尽な批判・非難は、真っ正直な和国の足を引っ張る、ためにする悪の仕業です。おおくは自律のできない国、または帝国主義というべき戦後生まれの覇権国家です。和国を攻撃する国は人類平和を乱す強欲の国です。和国の友は世界の友、和国の敵は人類の敵です。

  • #88

    えんしょう小林 (土曜日, 20 2月 2016 12:41)

    東のハワイといわれるほど、済州島はいいところのようですね。韓国の夢のある理想的な場所にしましょう。理想の天地として在日の方に移って頂けば互いに幸福ではないでしょうか。豊かな場所になれば30万か50万位の人口の増加が可能でしょう。埃っぽくてゴミゴミした和国よりいいのでは。ここ出身の在日さんも懐かしの故里で生活できるのではないでしょうか。本韓土に動乱があっても避難の地となります。クネさまと安倍さまとがしっかりと話せば出来る事でしょう。そして誰にも邪魔されぬ自分の大地として「朝の新鮮なる耀く郷土」にしてください。安倍さまなら最後の御奉公として少々の協力金ぐらい惜しまないでしょう。生きる道は自分で探してください。

  • #89

    こばやしえんしょう (土曜日, 20 2月 2016 14:16)

    WWⅡの大戦では敵味方であった美国とは、70年後の今、善き友達の国になっています。色々な友好の交流は計り知れません。相互に価値観を共有できる民主国になりました。しかしまだ、和国への信頼が不十分なところがあり、分かっていなあーというところがある。一歩進めてもっと協力ができれば、両国の能力は二倍にも五倍にも十倍にもなると思います。唐から軽視されたり馬鹿にされたりすることは決してないでしょう。両国が協力して、主導的な政経の活動を発揮すれば、世界を救い、人類を救うことになるでしょう。

  • #90

    こばやしえんしょう (土曜日, 20 2月 2016 15:30)

    WWⅡの大戦では敵味方であった美国とは、70年後の今、善き友達の国になっています。色々な友好の交流は計り知れません。相互に価値観を共有できる民主国になりました。しかしまだ、和国への信頼が不十分なところがあり、分かっていなあーというところがある。一歩進めてもっと協力ができれば、両国の能力は二倍にも五倍にも十倍にもなると思います。唐から軽視されたり馬鹿にされたりすることは決してないでしょう。両国が協力して、主導的な政経の活動を発揮すれば、世界を救い、人類を救うことになるでしょう。

  • #91

    えんしょう小林 (日曜日, 21 2月 2016 07:22)

    恨国に北鮮からドロ-ン攻撃があったというが何か動き出しているのか。ドローンはびらまきだともいうが。今後の動きを。要注意。

  • #92

    少林亭えんしょう (月曜日, 22 2月 2016 02:09)

    2月22日は何の日? 「竹島だっかーん」の日。竹島強奪の時に、傷つき亡くなった方々の慰霊の日。美しい竹島の海に御霊安かれ!!。

  • #93

    えんしょうこばやし (月曜日, 22 2月 2016 22:59)

    ①「慰安婦問題」の重荷は前年(2015)暮れおろしました。あとは恨国さんが、千年ほど担いでくれて、解決してくれれば安心です。大きい雪だるまにしたのは、恨国さん達ですからね。自業自得。いわば世界の慰安婦のためにあずかっている金は、アベさん!利息を付けてあげましょう。低利でも千年経てばかなり貯まりますから。
    ②美国の和国への信頼度を試す試験紙は「北拉致問題」です。唐国があてにできない以上、実動力で目鼻を着けねばとプッシュするだけでいいのです。和国を助けるのに大した金や力はいらない。美国さん、解決への「本気度」(和国自身の本気度のためにも)を宜しく。でなければ、安倍さんは露国に協力をお願いすることにでも?

  • #94

    小林えんしょう (火曜日, 23 2月 2016 13:05)

    昨日22日は「竹島の日」松江市で式典があり、内閣政務官が出席。歴史的事実に照らしても国際法上も固有の領土の再確認。恨国の不法占拠を平和的に粘り強く抗議し解決したいとしている。当然恨国は挑発と抗議、式など中断せよと主張。
    関係あるのかどうか、22日東日本を中心に自治体へのメールによる爆破予告があって一部避難が行われた。予告を受けた市は、前橋、甲府、福島、仙台、足利、向井の各地、その他のの自治体である。

  • #95

    少林亭猿笑 (火曜日, 23 2月 2016 13:37)

    唐国客の爆買いは、経済的にいも、政治的にも問題になりつつあるのではないか。観光して、買い物をしていただくのだから結構であると言っておれない事態が発生しないか。銀座の収支がそれに影響されたり、唐人いらっしゃい、和人排除では悲しくなる。何万と出入りするから、地域社会汚染、経済汚染がはじまっている。それに政治的な汚染が加わると、かれらの一部は、唐国の他国への浸透政策「千の砂粒」の先兵ともなる。一夜明ければここはどこ?和国ではなく、唐国になっていたという。ウツクシイニッポンも崩落寸前に。若者はみんな東南アジアに出稼ぎに、唐国でこき使われるとかに。なるかも。なんとかせねばご用心。

  • #96

    Ensho Kobayashi (火曜日, 23 2月 2016 20:21)

    2015/02/23,ちょうど一年前の予算委員会で、原田義昭先生がはじめて「毛沢東地図」を公開された。その後の理論的・実証的な尖閣領有の唐国主張は、完全に止まり敗退した。今後の可能性としては、強引な実力行使を残すのみである。さて美国CSIS研究所は、22日南沙人工島(クアテロン岩礁)に唐国が高周波レーダーを設置したと報告した。その施設から南シナ海の広範囲な船舶・航空機を探知できるものである。海域全域の実行支配を目指す意図の証である。一年間の、尖閣を中心としての、唐国の南沙・西沙・ガス田・沖縄・南九州・西南諸島・済州島・恨国・北鮮・北海道・千葉沖・東海海岸、小笠原諸島などへの完全な包囲の触手が及んだことになる。国内では反日唐・恨人による動乱要素の準備がほぼ整ったことになる。

  • #97

    小林えんしょう (水曜日, 24 2月 2016 10:04)

    23日ロイター発。唐国は西沙ウッディー(永興)島に、地対空ミサイル配備に加えて、戦闘機(j-11か?)派遣。これで南沙と西沙との一応の攻防態勢が整う。三月中に美国、東南諸国が手を打たねば、あと三か月で南シナ海完全制覇、海洋と諸島を含む巨大な版図が出来上がります。完全な美国の敗退は目に見え、海路・空路も監視下でふさがれます。南沙は関係ないといった日本の政治家はどなた?私の予見どうりでしょう。しかも唐国は今(ねぼけスリースター☆☆☆大統領)の内にと全速力です。もう和国は美国のボケにあきれています。南海には世界中の船舶が唐国の関所(または海賊)でご挨拶せねばトーセンボーです。

  • #98

    少林亭えんしょう (木曜日, 25 2月 2016 19:46)

    シャープさま、大変お世話になりました。ホンハイさまへ、お輿入れとかおめでとうございます。家電などなど、和国の我々を永いあいだ楽しませていただいた御恩は決して忘れません。ありがとう。「十五夜お月さん見てたでしょ、桜吹雪の花影に花嫁姿のお姉さまくるまにゆられて・・(なみだ)」(気にかかるのは台湾様はいいのですが、北京におじさまが居られるとのこと・・気になるのです。・・でもさようなら!お元気で

  • #99

    小林えんしょう (土曜日, 27 2月 2016 00:37)

    とにかく#100です。残念ながらよくないニュースです。♯82、#99には影がありすぎですね。もうシャープには同情する処がとっくになくなっていた。「車に揺られて・・どこえ行くやら」まともなお輿入れなどもうできません。好い餌を頂いたとおもったホンハイ、捨てる気のシャープ、いいもうけと取り次ぐ菱UFJ銀、どれも悪欲の連鎖。最終的には習平おじさんの処へ身売り。残念ですが、さようなら!

  • #100

    えんしょうこばやし (土曜日, 27 2月 2016 01:32)

    26日、ケーリ国務長官、南シナ海に、かりに唐国の防空圏を設定しても無視すると言明した。美国は先手を打ったつもりでも、唐国は事実上、そのつもり。もう美国が何を言っても屁の河童。おバマな無能力。美国がぼんやりで動かないのなら、こちらはさっさとこの好機を利用して、5月までには竹島を返して頂く段取りに。夏の休暇には竹島観光が楽しめる。アベ君がロシアへ行くと聞いただけで、何もできないくせに、和国が気になる嫉妬は、立派に一人前。70年経ったのだから、そろそろ独立独歩の時です。

  • #101

    小林えんしょう (日曜日, 28 2月 2016 02:02)

    露国との平和条約などの話も大切と、アベさんの決意や好し。何の懸念か知らないがいやがるおバマカさんに対し不退転で、春のプーチン会談行きを決定している。補佐官のライスもびっくり。良好良好!。27日美国がICBM(大陸間ミサイル)を思い出したように試験発射しても大したニュースにならぬ。いっぽう唐国は西・南両沙の軍事的実効支配をドンドンやり、同時にカシコク民間人入れてシチズン化。美国も手を出せないように。唐国メディアは美艦船を発砲せよと挑発され、美国はピエロの笑いもの。

  • #102

    こばやしえんしょう (日曜日, 28 2月 2016 02:43)

    こちらはいいニュース。海保11管区に、24日から26日間の報告では、巡視船配備我12隻、続いて「いなせ」配備。大型巡視船「あぐに」15000トン岡山玉野で引渡し式おわり、尖閣周辺海域への警備に配属予定。続々と守りを固めている。

  • #103

    小林えんしょう (月曜日, 29 2月 2016 10:32)

    昨年2月からの尖閣にはじまり、南沙、西沙問題と展開して、唐国の沙島覇権の展開は予測どりでした。ASEAN外相会議後、「深刻な懸念」を表明し26日から27日にかけて、美・比・和国が動き出しました。美国はステルス駆逐艦緊急派遣、原潜、空母展開計画など、唐国封じ籠めの態勢が少し動く気配。和国は海自練習機(TC90)を比国軍へ貸与するなど(少し生ぬるいが)の動きあり。唐国の海洋進攻、沙島軍事化に対して、こちら側の沙島も「対唐軍事要塞」の構築の論議まで出ている。細部詰めの段階に入れば、発火の恐れは十分にある。早急に米・日の協力とバックアップが必要。東南アジアに対し自国に自信をもち、米・日協力に信頼が得られるよう、準備し、結束を固めておくことが必須の状況。尖閣、恨半島問題とも連動。

  • #104

    えんしょう小林 (月曜日, 29 2月 2016 20:07)

    朗報!29日、海上自衛艦「やまぎり」の艦長に初の女性。大谷三穂(2等海佐)さん。練習艦の艦長経験あり、吹田市のご出身、おめでとう。頑張ってください。これから忙しくなるぞー。「おんなは乗せないナントヤラ」の旧軍時代は遥か昔。つづいて若い美女・健女たちがぞくぞくと。海の守りは任せなさいと。おお、大和の海の女神たちに幸あれ!

  • #105

    小林えんしょう (水曜日, 02 3月 2016 04:52)

    1日、制服トップの河野統合幕僚長が、都内講演で、唐国南進に係わり「防空識別区」の設定を図る危惧を表明した。♯100でも指摘した通り、ケーリー国務長官がその件を図っても無視すると既に表明している。河野さんが和・美同盟を強化しつつ、「自由の航行作戦」の不断の実行をいわれるのは最も正しい。しかし「唐国の方針転換の余地を与える」と説くのは、全くの「甘ちゃん」ですね。お相手は確信犯ですよ。「転換」まで待とうホトトギス。相手はいい時間稼ぎで、一緒にダンスをですか。この戦法で和国は今まで、恨国、鮮国、唐国に騙され続けてきたのでしょう。「賢いガチ対決」しかありません。相手がいたたまれないようにすることです。プロなら方法は御存じでしょう。いい案がなければ相談に乗ります。

  • #106

    こばやしえんしょう (水曜日, 02 3月 2016 15:03)

    北鮮ぼっちやん制裁で、かつては唐国が躊躇、今度は代わりに露国が嫌がる。唐国と露国ともども坊ちゃんを甘やかし後ろで糸を引いているのが見え見え。さてこの場合どうする。まずみんなで共同制裁を爆発寸前ぎりぎりまでかける。動かないとこんどは美国が徹底的に空中・海上・海中に徹底的な風圧を掛けて金縛りにする。国民には気の毒だが「食攻め・油攻め」をマンセー(日本語でバンザイ)寸前までやる。そして待つ。それでも動かねばもう最後だと言明する。そこで坊ちゃんの後見人の唐・露両国が待ってくれという。それでも美国は最後通告だ!{と宣伝する)。それでも動かねば実力行使。(恨・和国に)テポドンや難民などがなどが来る前に)国連さんとみんなで御掃除。

  • #107

    少林亭えんしょう (金曜日, 04 3月 2016 01:59)

    2日。比国の報道では、南沙ジャクソン環礁の入口で、唐船5隻(海軍・海警共に)常駐し、比の漁船を排除していると。唐外務省は座礁漁船の処理・撤去中で離れろと言ったまでと説明。しかし破船のために5隻もの船艦が必要か?環礁内に入ろうとした比国漁船は追い回されたと報告。唐国南進のレヴェルアップ、人工島に飽き足らず「新たな環礁の占拠」でないかと危惧される。唐国の一歩一歩の南侵、しぶとく、よくやりますなあ!!和国も見習いなさい。

  • #108

    小林えんしょう (金曜日, 04 3月 2016 02:43)

    制裁にムカついた北の坊ちゃまが手持ちの連射小ミサイル(射程200キロ位)ごときの飛翔体を日本海に向け6発発射してストレス解消。早速、唐と露が制裁もはじまっていないのにカビの生えた6か国協議をまたぞろ持ち出した。時間稼ぎか。♯106指摘の坊っちゃん甘やかしの反応が出た。北の坊ちゃまの存在は、唐・露・美国にとっては、恨・鮮・和国のコントロールのためのいい「道具」なのです。ただ乱暴にあばれもらっては示しがつかないだけ。金融攻め、石油攻め、通商ぜめで徹底押しましょう。そして絶好のぎりぎりの機会に、そっと甘い蜜を塗った「安倍川」餅でもと(直接)差し出し、坊ちゃまが手を出したら最後、唐・露・美國を尻目に、拉致問題の解決なども一緒に片付けて、マンセーという運びはどうでしょう。拉致問題と同じ奇跡的解決をアベさまに。夢よもう一度。

  • #109

    えんしょうこばやし (土曜日, 05 3月 2016 00:07)

    4日、鮮国は米韓演習や国連安保理委員会の制裁採択決議に対し、金坊ちゃまは、「実戦配備している核弾頭のミサイルをいつでも発射できるよう、準備を命令した」という。先制攻撃も辞さないと突っ張っている。大体、露も唐も結局、制裁内容をなし崩しに、石油や石炭の例外処置(露)、住民へ悪影響を意図しない(唐)など揺さぶって曖昧にしてしまう。何の変わりもない。要はさじ加減一つで北鮮をコントロールするのみ。「体制維持」が目的。しかし坊ちゃまの暴発はそのうち必ず起こる。その時の親(唐・露)の慌てる顔が見たい。

  • #110

    少林亭えんしょう (土曜日, 05 3月 2016 00:53)

    ①5日から唐国は「全人代」開幕に向けて動き出す。2016年の国防費は7~8%の伸の増しとか。南シナ海の戦端拡大を意味する。軍事化の責任は、美国が用もないのに南シナ海でうろうろするから防御施設など必要な措置の金がかかると嘯く。もっともウロウロさせている元はあなたでしょう!②4日、いっぽう美・恨兩国のTHAAD(ミサイル防御・迎撃システム)の配備協議には断固反対とか。自分が敵国であることをよく自覚してござる。恨国は坊っちゃんの乱暴ミサイルが気になるから協議に乗り気。ああペキン戦勝記念式の夢、邯鄲の夢。北が再び長距離発射(可能性あり今エンジンを吹かしている途中)せば夢破れ「放置できない段階」に入る。煮え詰まってきました。

  • #111

    こばやしえんしょう (土曜日, 05 3月 2016 21:32)

    4日、比国は北の貨物船の臨検に入っている。制裁の一端がここにもある。また西沙・永興島では唐が民間機就航計画を進めている。CNNによると、5日までに美国の空母打撃群団が南シナ海に展開した。もともと北のミサイル監視にきていた艦船で、急ピッチで西・南沙の軍事拠点化を進める唐国をけん制するもの。旗艦は原子空母ジョン・C・スデニスで、駆逐艦、巡洋艦などを従え、警戒・監視活動に入った。唐国も無視できずこの大戦艦隊に対し、これまた多数の艦船を繰り出している様子。

  • #112

    えんしょう小林 (月曜日, 07 3月 2016 23:37)

    美・恨両国の合同軍事演習が始まった。7日洪報道官は、北鮮と美・恨との双方に自制を求めるという格好のいいことを言っている。核ミサイルだの、先制攻撃だの、総攻撃だのの、挑発は北から始まった。唐国は緊張激化して北の暴発を一番恐れている。甘やかして育てた結果の自業自得。ブーメランが戦争難民として唐になだれ込む恐れあり。在韓美軍のTHAA配備にも神経をとがらせている。煮え詰まれば爆発しかない。4月の演習おわりまで北は我慢ができるか?そのまま収まれば「ユー(湯≒言う)だけの実のないお粥(言う」で恥をかく。

  • #113

    少林亭えんしょう (火曜日, 08 3月 2016 15:04)

    一年前夢にも見た、南シナ海での和国自衛艦のプレゼンスが多少なりとも実現の運び。3月中頃から4月にかけて、比国。スーピク湾寄港と、そののち越国カムラン湾への寄港である。潜水艦(練習用)と護衛艦派遣ががその内容に。航海の自由作戦に直接加わらないにしても、南シナ海への関与が明示される。♯28,33、36,38.64,72に述べたことが現実化しつつある。アジアの艦船が肩を並べて、堂々と就航する平和な姿を見てみたい。東南アジアがんばれ!和国は君たちの永遠の良き友人であるたい。

  • #114

    こばやしえんしょう (水曜日, 09 3月 2016 02:43)

    8日、唐国外相の王氏は、北京で「唐・和関係の病根は、指導者の対中意識だ」とアベ政権への不信感と不満を露わにした。関係改善といいつつ、そうしない。台湾の蔡氏への接近もしかねない危惧があると。要はパートナーかライバルかハッキリしろということのようである。いやいや、貴国の側にハッキリと覇権の意識が見え見えなのに、楽しそうに一緒にダンスなどやっていられないでしょう。「不信の病根は貴国側にある」のです。和国は70年間、平和を守り、貴国のように、後ろ指をさされるようなことはしていません。あなたが目覚めたらどんなに両国の利益になるか。世界がどんなにか安らぎ、喜びにに満ち溢れるか知れません。

  • #115

    少林亭えんしょう (木曜日, 10 3月 2016 23:19)

    和国に迫る焦眉の緊急問題(日本崩壊を企図するものに対し)
    ①唐国の和国・皇室の崩壊を目指す、国連委の「皇室典範改正」を求める勧告に対しハッキリと内政干渉だと完全に撃退すべきである。(慰安婦問題に失敗した)唐国の新たな‣核心的な反日工作である。国体の存立にかかわる。
    ②和国の司法に潜む反日たちが、高浜原発3・4号の運転差し止め命令に快哉と叫んでいる。住民側の申立を過度に評価ものではないか。和国のエネルギー政策をバラバラにしようとし、国力をはぎ取ろうとする工作ではないか。現実的な解決が急を要す。

  • #116

    えんしょうこばやし (月曜日, 14 3月 2016 00:09)

    昨年11月から暮れにかけ、久米島あたりで、唐国はパナマ船籍の船舶(♯30・例えばディスカバラー号)を雇用して石油・ガスの調査をさせているなど、胡散臭い状況があった。13日、全人代後、最高裁院長が2014年9月に尖閣周辺に起こった中国漁船とパナマ籍貨物船との衝突事故について和解成立を報告した。その意図は「司法管轄権の行使と領有権主張の正当化にある。どう見てもパナマ船を道具に事故を出ちあげ、
    「尖閣諸島に(唐)の司法管轄権が及ぶ事案」として釘付けする狡猾な意図がある。

  • #117

    こばやしえんしょう (水曜日, 16 3月 2016 04:24)

    14日、ロイター通信では、マレーシアもようやく唐国の南シナ海域での軍事拠点化に対し動き出す。マレーシア国防相は「一国では唐の攻撃的な行為は止められない」と豪・比・ヴェトナムとも会談をする運び。ASEAN協力の必須なことをようやく自覚。またインドとも共に強力な連帯の輪を作っていくべき。美国がヘネヘナ状態ではなおさら。尖閣に巻き込まれぬのはかなわぬという、美国の一部指導者の意見もあるらしい。情けない美国精神(アメリカン・スピリット)崩壊の始まりか。唐国はニヤニヤ。

  • #118

    少林亭えんしょう (日曜日, 20 3月 2016 22:47)

    ①5月の伊勢サミットの議題から「南シナ海問題」を却下せよとの、唐国から和国への要求。和国は海洋での「法治の確立」は国際社会の利益として、唐国の要求を拒否。美国・ASEANと歩調を合わせ、対唐包囲網を構築する攻勢に変わりはない。唐へは受身外交はダメ。煮え湯ならずとも、良薬は口に苦しとお勧めする積極攻撃が必要。②安倍総理は舞鶴・海保学校の卒業式にまで臨席して、平和な海と国際協調を説き、卒業生を祝う。ここぞという処よく頑張っていますね。③北鮮さんは、制裁に負けじと500キロ級のノドンなど日本海に撃って、気を紛らしている。今のところ小康状態。

  • #119

    少林亭えんしょう (月曜日, 28 3月 2016 10:34)

    3月28日時事通信などによると、16日、北鮮は美・恨国合同の北の坊ちゃま組織の中核に集中する軍事演習に対して、公式謝罪と責任者の公開処刑を要求した。これに応じなければ、長距離砲を用意して、直ちに軍事行動を起こすと「最後通告」した。大変危ない話だが、南恨は何回目の「最後通告」?だと、北鮮を嘲笑している。煮え詰まってもなかなか沸点に到達せず、噴出もしない不思議。唐・露・美国の冷却作業もご苦労さんだが、まじめにやりなさい。和国も夏休みの竹島観光のポスターももう刷り上がっているのですがね。

  • #120

    少林亭 (日曜日, 03 4月 2016 10:36)

    2日岸田外相は、来るG7で米英仏各国外相が核被爆の広島を訪問、献花すると報じた。原爆資料館も訪ねるという。これが大統領訪問時の広島・長崎献花にもつながればいいが。提案したいのは日本側の返礼の一つとして、アーリントン墓地だけでなく、日本首相がハワイ真珠湾をおとずれ、戦後70年ということで、特別に米・日両国の戦没者の慰霊・献花をするべきではないか。歴史を大きく変換し、両国の絆を強固にし、世界平和のために、「戦後は終わった」というアッピールにもなるようなエヴェントを。

  • #121

    えんしょうこばやし (日曜日, 03 4月 2016 17:37)

    3月上旬また4月1日、周おじさんの辞任を求める公開書簡がでた。強まる言論統制の反発とみている。3月31日の美・唐の首脳会談では協調ムードで「偽の平和的な雰囲気」を出している。まあ北の坊ちゃまを何とか制裁履行で一致、温暖化のパリ協定でも一致。しかし南シナ海の問題では妥協も皆無で府一致。今は対立を際立たせず9月の杭州でのG20会議の成功まではそのままずるずると唐国任せ。

  • #122

    少林亭えんしょう (日曜日, 03 4月 2016 18:41)

    南沙・西沙ニュースとしてちょっと小康だが相手は確信犯だから油断禁物。何らかの尖閣への攻撃の前兆があれば直ちに、①唐国の攻撃があったと全世界に発信する。(対応が後でも、過大な目の発信だけは迅速に、勇み足は気にしない)。②唐国の仕掛けたことを全世界に公表し、A,尖閣周辺での反撃開始。B、同時に(これが大切)唐の16個のガス田の破壊(こちらの領海内のものから始める)。C,同時に、(予め有事の時の要請として、合意しておく。これが大切)ヴェトナム、フイリッピン、インドネシア、の各国の、唐と紛争問題のある島・人工島に侵入占拠する。奪回の義と理のあることを全世界に公表する。D,美国と豪国へ協力を要請する。以上第一段階。

  • #123

    エン・コバ (日曜日, 03 4月 2016 23:06)

    3日、海自・練習潜水艦「おやしお」、護衛艦二隻とともに、ルソン島スービック湾の海軍基地へ堂々の寄港である。このようなケースは15年ぶりとか。ヴェトナムのカムラン湾への寄港の途中である。頑張ってもらいたい。艦上の旭日旗が素晴らしい。同日。核安全保障サミットから安倍首相帰国。これからが忙しい正念場となる。

  • #124

    少林亭 (火曜日, 05 4月 2016 00:21)

    ①いよいよ尖閣に「専従警備体制」が整う。一年間、今や遅しと、待ちに待っていたのです。第十一管区海保に幸あれ。1500トン新造高速巡視船(20ミリ機関砲、遠隔放水銃装備の10隻、プラス、ヘリ搭載型巡視船2隻で、計12隻が尖閣専従。旧来の7隻は石垣島海域警備体制。全部で19隻編成。今のところ応援は原則不要。よって他管区も負担軽減できる。②陸では自衛隊前線医療拡充へ。③地域防災に備えて学生消防団員3000人突破。内憂・外患に対し、万全を期し、日本を守る「基礎態勢」がようやくできた。桜も満開、日本晴れ。今年は春から縁起がいい。

  • #125

    小林えんしょう (金曜日, 08 4月 2016 00:54)

    北京・ロイターによると、しゅう氏親族の名前が、タックスヘイブンの過去数十年の状況が記録された「パナマ文書」の中に出てくることが判明。大騒ぎ。汚辱撲滅キャンペーンもどこえやら、この文書の報道規制までしているという。いやはや、えらいところからぼろが出た臭・金・屁さん。どうごまかすか、見もの。

  • #126

    エン・コバ (金曜日, 08 4月 2016 22:32)

    広島での11日。12日のG7外相会合で、唐国の南シナ海軍事化に反対特別文書を発表する方向で調整、この流れを5月下旬の伊勢志摩(首脳会議)サミットにつなげる構え。同時に南・東シナ海の航行の自由の重要性を明記した特別文書「海洋安全保障宣言」を発表すべく調整中。美国のぼんやり(無自覚か、意図的か知らぬが)を張り倒すぐらいに、和国がしっかり音頭をとるべき。最も一年間の遅きに失する思いではあるが。あべ大統領さん(アメリカン・スピリット消失ですから、美国は無統領)に頑張ってもらう以外にない。和国と世界の平和は結局、日本が先導する以外にないという「覚悟」で。

  • #127

    少林亭えんしょう (土曜日, 09 4月 2016 18:53)

    北鮮のお坊ちゃまは大陸間弾道弾や核ミサイルの小型化に余念がない。実験成功を誇っているが、肝心のアメリカも他国も相手にしない。国連の核兵器禁止の決議案に対し、唐国は被爆惨禍の状況を訴える文言を、「加害者としての歴史を歪曲する」『歴史責任の軽減を狙っている」といった理由で削除を要請し削除されたが、国際社会では、だれも共感を得ていない。軍縮に水を差す。アジアの平和を乱す唯一のがんは唐国にある。そのうち北の坊ちゃまが南や和国にうった核ミサイルが間違って北京に落ちるというブーメラン現象が起こったときの惨状が目に見えるようである。また南シナ海の進出を和国が名指しでケチおつけたとむくれている。自業自得は仏陀の真理。

  • #128

    こばやしえんしょう (火曜日, 12 4月 2016 01:39)

    11日、G7の外相が原爆記念館を訪問、そろって被爆者慰霊の花輪を一斉に捧げるところが印象的であった。ケリー国務長官の「悲惨さを想起し、12日にも、オバマ大統領にも報告して、ぜひ広島訪問を促すと」。長官が先導で原爆ドームへも訪ねた。与野党ともに外相たちを評価。百聞は一見に如かずである。核軍縮を促す共同文書、広島宣言も出た。南シナ海での唐国牽制にもなった。和国は伊勢サミットにつなげる成果が出る。唐国は「G7の将来に役に立たないと、不快感」、「悲惨さで罪を軽減」とか「域外国の介入」などと批判。完全な孤立。そんな中で北の高官の脱北が続いている。大丈夫ですか唐さん?煮え詰まって焦げ付きが始まっている?

  • #129

    エン・コバ (木曜日, 14 4月 2016 01:09)

    13日G7の外相宣言に唐国が「地域の平和と安定のためによくない」と抗議。「よくない状況をつくる主人公はあなたたち」でしょう。正直「覇権乱暴なあなた」には「よくない」こと。唐国の不満は「良薬は口に苦し、病に利あり」とあなたたちの先輩たちが言っているではありませんか。「不満」にびびるのはどこかの「売国害務省」だけです。

  • #130

    小林えんしょう (日曜日, 17 4月 2016 01:54)

    15日の北のムスダン発射もどうも失敗らしい。キム第一おぼちゃまの威信は地に落ちたのではないか。ただ太陽節の平壌マラソンだけは、1000人の外国人も参加して大成功。猪木君が参加できなかったのが残念。かわって恨国の選挙は与党の大敗北。北も南もお互い様の混乱状況。美国様が完全撤退する日までしばらくしようがないか。唐国のシユウ様もご親族のパナマ文書問題とG7包囲網で、うっとうしい臭・金・屁の閉塞状況。今はただ熊本震災の余震の収まることと、被災の皆さまの安穏無事を祈るのみ。

  • #131

    少林亭 (日曜日, 17 4月 2016 02:27)

    桜吹雪の花影に、花嫁姿の「♯さん」、「みずほ」に揺られて<うられて>行きました。さようなら!ホンハイさんおなかまには唐・台・琉球自治区の元気組と数珠つなぎらしい。f.萌絵ねえさま愛の交信もブロックされて、気の毒。♯さんも公安案件などに紛れ込まないように。ほんとうに、夢よ、さようなら!!

  • #132

    エン・コバ (火曜日, 19 4月 2016 23:19)

    台風・火山などが多いので九州の方は比較的災害に強いと過信していた。案外もろいところがある。九州内の色々な相互交流はできてないのではないか。自然だけでなく、社会的にも動乱の年になるようで。マイナンバーから抜け落ちたよう人々はどうなるのか。唐国や韓半島から疎外されて、それを捨てて、日本に移ろうという動きもあるのではないか。狭い和国にいらっしゃいとはいいがたい。移民歓迎などは国内外が落ち着いてからにしてもらいたい。まずは自分は自分でどう守ることからしっかりと考えたい。

  • #133

    こばやしえんしょう (水曜日, 20 4月 2016 20:57)

    九州の新幹線も一部復旧した。余震は油断ができないが一応終息に向かっているようだ。被災の方々がこれ以上の苦難を受けることがないように祈っています。非日常的なことが起こると根のない噂が広がる。先般、九州で事故にあった哨戒自衛機との関係とか、はては人口地震の妄説まで。迷わずに一歩一歩前進しよう。日本は危機的人類の歩みの中で唯一正道を目指していることを自覚してお互いに頑張ろう。

  • #134

    エン・コバ (日曜日, 24 4月 2016 00:30)

    最近、「余命」ならず、味方のように余命を引用しつつ、「♯余命」という紛らわしい存在が、「余命」をダメにしようと、つかず離れずの行動をしていないか。「余命」の頭の「♯」が怪しい。厳重注意。混乱と背乗りを企んでいるのでは。

  • #135

    こばやしえんしょう (日曜日, 24 4月 2016 00:58)

    13日の星条旗紙によると、ヴェトナムが領有権を主張しているウッディー島を占拠している唐国は、新しく戦闘機16機を配備、西沙一帯により強固な覇権事実を固めている。ここにはすでに(ロイター2月17日)地対空ミサイルが配備され、三千メートルの滑走路がある。油断も隙も無い確信犯。確信犯を甘やかしてはダメ。即逮捕。放っておけば全部いただき。この一年間で、南海がどれだけ浸食されたか。(もう遅いと思うだろう、それが彼らの狙い)国際法を守る良心的な各国の包囲網を緊急に、「遅くはあるが今しかない」。逃げない以上は、どうせ早晩、ハードな対決。

  • #136

    少林亭えんしょう (月曜日, 25 4月 2016 01:13)

    24日10時過ぎ唐国海警公船3隻が領海侵犯。とんでもない「熊本震災見舞い」か。北海道5区の和田氏の当選確実で喜んでいるすきに、とんでもないニュース。次回侵犯では安全を保障しないと最後通告を出すべき。同時にガス田周辺巡視すべき。こちらの領海内のガス田は爆破もやむを得ないと通告すべき。相手が尖閣ならば、必ずお礼返しにガス田巡回起爆装置のおもちゃでもをばらまいて、次は「本物よ」と脅かしておく。まず相手の「弱点」を突く。「確信犯に時間を与えるな」!!速効の速攻を!!

  • #137

    こばやしえんしょう (火曜日, 26 4月 2016 12:12)

    熊本の震災地域での火事場泥棒的犯罪が多発している。断じて許すことができない。この地方に取り敢えず、即応予備自衛官も300人ほど投入しているらしい。不測の事態も懸念され、外人対策部隊でもあるようだ。国の混乱の原因になるようなものはどんな些細なものでも、緊急に取り除いておくべきである。沖縄から北海道まで即応隊の配備が早晩、必要になってくるだろう。国民一人一人の平安な生活を守るには、どうすべきか「自覚の年」である。震災の教訓と受け止めたい。

  • #138

    小林えんしょう (土曜日, 30 4月 2016 00:23)

    唐の南シナ海、西沙・南沙の覇権活動も世界中からにらまれている。二回も元山周辺発射のムスダンも失敗。北鮮もコントロールできず、臭金屁さんも頭が痛い。28日のCICA外相会議冒頭で「朝鮮半島での戦争や混乱は「絶対ゆるさない」と偉そうに、ぼやいている。震源地は臭さん!唐(あなた)でしょう。北に制裁を履行させるといいつつ今まで一回も効果なし。金屁さん!誰も信じません。それこそ西・南沙の派遣を「絶対ゆるさない」と美国やアジア周辺国が言っているのです。唐国内での外国NGO活動もコントロールしようと躍起、一国二制度も崩壊、平司夫さんの和国への亡命も公然間諜ずくりの出来レースだろうと下馬評。

  • #139

    エン・コバ (月曜日, 02 5月 2016 01:05)

    相手が「確信的・覇権略奪を現実に一歩一歩ごり押ししている国(ここでは唐国)」である場合に、相互に関係改善といっても不可能でしょう。和国もこの場合「嫌われる勇気」を持ちましょう。30日、王外相が岸田外相に「和国は対抗心を捨てよ」などという。傲慢そのものである。和国は現状でも別にいい。困っているのは唐国でしょう。何とかせねばとイラついているのは唐国がわです。①対北鮮問題、②経済安定課題、③東・南シナ海問題、④軍拡路線問題、⑤日米同盟問題、⑥日中安全保障課題など、伊勢サミット以前に唐は和国をコントロールしようとするのが見え見え。ペキンの魚釣台で、尖閣の魚をもう一度釣ろうとしてもドッコイこちらも賢くマナバセテもらっていますから、唐国のイライラは和国の薬です。暴発すればあなたの負け。

  • #140

    こばやしえんしょう (火曜日, 03 5月 2016 10:22)

    南シナ海をにらみ日・比協調が進んでいる。2日フイリッピン海軍に、海上自衛練習機(TC90)5機の貸与が合意された。一方、安保法に基づく共同訓練実施などが参院選や唐国懸念などを配慮して先送りになっている。一年前から南シナ海の美・東南アジア・和各国が協力する哨戒活動の重要性の私見を述べたが、ここにきて和国が躊躇しているので、グリナート前海軍作戦部長は「唐国が望まないから(哨戒・演習など)をやらないというのは良いアイデアではない」とたしなめられている。唐国確信犯には気を抜かぬことが肝要でござる。

  • #141

    小林えんしょう (火曜日, 10 5月 2016 11:55)

    岸田外相は中国訪問の後、ASEANの4か国を歴訪し6日た。眼目は唐国の南シナ海の覇権的実効支配に対する「結束した対応」を呼び掛けたことである。効果如何を問わず和国の責務である。とくにラオスとヴェトナムを説得。両国は伊勢サミットの拡大会合に招待している。美国のスイフト司令官も指摘するように、大量の、武装化した偽装漁船に、偽装漁民の海上民兵を載せて、航行の自由作戦のイージス艦を取り巻いたという。直接攻撃できぬ狡猾な手段である。尖閣周辺での、うろちょろと侵犯する馬さんの北京への最後のご奉公も、やりすぎた漁船は沈めてもよい。

  • #142

    こばやしえんしょう (火曜日, 10 5月 2016 18:09)

    ここ20年のシナの横暴は、グローバルに広がる「21世紀の恐るべき黄禍」である。

  • #143

    小林えんしょう (木曜日, 12 5月 2016 02:59)

    オバマ大統領の広島平和公園慰霊訪問が決定いたしました。全地球的なニュースです。これだけ敵味方が激しく戦って、それを超えた国は「米国と日本」いがいにはないでしょう。「両国の勝利」です。恩讐を乗り越えた誇りです。<損得でチマチマ言っているシナや恨国・鮮国など問題ではありません>。今、両国は真の世界の新しいリーダーとして蘇り、歩を進めるのです。人間の魂の勝利です。(自国の水・土地・空気・たましいをよごして、他国を覗う、我利我利亡者の小金玉の臭・金・屁など恥ずかしくてきえるでしょう。)

  • #144

    こばやしえんしょう (日曜日, 15 5月 2016 23:16)

    14日、越首相のフック氏が、サミット拡大会議で訪日まえに、南シナ海問題で日本が積極的な平和的解決への役割りを表明し、唐国の海洋進出・軍事拠点化に対し、けん制した。和国と防衛協力だけでなく、経済的な相互協力にもつながることを期待したい。
    13日の米国防省の報告では、唐国の南沙うめたてが14年末と比較して、15年末では6倍の13平方キロに達したという。唐は完全に米と三軍ともに対抗して急速な近代化を図っている。長期的な海洋進出の目的達成は確信犯的である。しかも今のうちは、決して「軍事衝突に至らないように配慮した、計算された戦術を使っている。

  • #145

    エン・コバ (月曜日, 16 5月 2016 11:52)

    時代が大きく転換しようとしている。アメリカ大統領選挙・韓半島のアメリカ軍撤退・不退の確信犯的チャイナの覇権拡大・戦後から続いた唐・韓在日の反日的横暴への初の国民的批判と反動・アメリカ体制からの脱却などである。今年から来年に掛けて東アジアは大揺れに揺れる。「賢い(大和ごころを守り、経済的社会的にクールな選択、欧米へのスマートなたいおう、ずるいシナともクレヴァーでカンニイングな処置など)日本」の構築。米ポチでも唐ポチでもない自立。南沙問題では、アメリカを建てて、決して前に出ない。尖閣では一歩も許さない姿勢。米中は今はドンパチやりたくない。で、今の内に、和国は言いたいこと、やりたいことをやるべき。韓半島は不可触。女性と同じでさわればカネとヒマが掛かって徒労。日本をよくしたい日本人と、足引っ張る日本人とをしばらく分ける。日本人の「再教育」。

  • #146

    少林亭 (火曜日, 17 5月 2016 01:26)

    唐は西沙にミサイルやレーダー施設を配置していることは2月の段階で発覚している。これは対ヴェトナムである。小浜さんは伊勢サミット前に訪越の予定、9日、先立ってラッセル国務次官補は、米軍企業とともに入り(ハノイでの国防シンポ)、武器輸出規制の緩和を解禁に、ないしは撤廃の越の希望を聞いている。越はp3哨戒機、ミサイル、潜水艦い関心がある。この事態に唐はむろん反発している。南シナ海での東南アジアの各国は対唐の動きが望ましい。今は西沙・南沙を抱えているのでシナは実力行動に出られない。この機会に東南アジアはどんどん、けん制のため「唐国の嫌がること」が何かをよく見極めて、それを実行に移すことである。遠慮はいらぬ。相手は確信犯である。組んで抵抗せば、実力で来る、その機を見極めて、国連を手元に寄せて、一斉反撃すればよい。

  • #147

    エン・コバ (水曜日, 18 5月 2016 01:38)

    護国・防衛とは何かを国民一人ひとりが考えておく必要あり。シナ要人は平気で「20年後は日本は存在しない」といっている意味をよくよく味あうべきである。将来の日本などどうでもよければ、どうでもよいがね。子や孫をおもえばどうします。日本の文化・社会・経済の消失は、人間の文化、社会、経済の消失につながるからです。日本にこだわっているのではありません。人類にこだわっているのです。ほおっておくと、侵略・強奪・暴力と殺し合いしか残らないからです。50年前の文革などいい例です。

  • #148

    小林えんしょう (金曜日, 20 5月 2016)

    伊勢志摩サミット警備2万三千人のようですが、大変です。広島でテロでも起こらないか心配です。オバマ大統領・安倍総理・総理の奥様(下町をうろうろしているから)どうか無事を祈ります。東武東上線出発直後の脱線・テロではないでしょうか。

  • #149

    エン・コバ (金曜日, 20 5月 2016 07:08)

    フイリッピンの次期大統領はシナのわなに嵌められていないか・シナの比の鉄道整備をえさにやられていないか。オバマがハーグの判断を待てというのに(18日)、南シナ海の領有権棚上げとか、シナとの単独交渉とか甘いことを言っている。これが米牽制でなく本意なら、一年後には比の近海や諸島もシナのものになっているだろう。甘いオバマからみてもおバカな次期大統領になる。比さん、なぜ日本が色々なものをお貸ししているか分からないの?または左がわの比の売国か。油断すれば一撃で比はシナのものになる。

  • #150

    小林えんしょう (金曜日, 20 5月 2016 07:24)

    19・20日のASEANとロシアのソチ宣言の中に、テロ対策を含め、ロシアの安保関与が歓迎されている。当然、悩みの種のシナ南方覇権への懸念が含まれている。煮え切らぬオバマの対米牽制も含んでいるだろう。露も油断禁物だが当面はシナへの抑止となれば。

  • #151

    エン・コバ (金曜日, 20 5月 2016 07:40)

    18日、南シナ海上空での米の通常の偵察機のパトロールにシナ軍機(殱11)が異常接近。シナは米の至近偵察が悪いといっている。ひょっとしたら発火点?

  • #152

    こばやしえんしょう (日曜日, 22 5月 2016 00:21)

    台湾の蔡新総統の政権が発足した。おめでたいことである。両岸の安定を維持しつつ,主権堅持と民主主義をしっかりと進めてほしい。台湾の同党関係者は、「ひそやかな、暗黙の、日米同盟参画」との評あり。台湾の在り方が、香港、マカオ、ウイグル、チベット、モンゴル、に対していいモデルになってほしい。それぞれ自治国としての自立精神と誇りを見せてもらいたい。

  • #153

    少林亭えんしょう (日曜日, 22 5月 2016 09:46)

    米大統領が来る来ると、まるで自国に来るように騒々しい。無用で、バカやかましいのが、中・韓の特徴。上から脅しつけるばかりで、自力はない。オバマは日本に来るのであり、広島に来るのである。恨国がガタがたゆうことはない。無能のちょっかいいざとなればあいごー。中韓の潜水艦もがたがたやかましい。7日に「じんりゅう」が三菱重工から海自に渡された。特徴は「静粛さ」、出来る男は黙ってビールを飲む。新台湾も頑張ってほしい。

  • #154

    エン・コバ (月曜日, 23 5月 2016 21:16)

    シナは16日、西沙と南沙との海域を勝手に漁獲禁止海域と表明している。とくにヴェトナムをけん制している。ここでも発火の危惧がある。臭・金・屁さんは南シナ海状況発生時は発砲・反撃を支持している。南シナ海のシナ「内海化」はどんどん進める。べいは赤外線センサーや電子カメラをもつLDUUV(無人潜水移動体)としての潜水ドローン(水中)やドローン舟艇やドローン海上無人機を急きょ開発している。この海で投入される日が近いかもしれない。とにかく日本はシーレーン確保を緊急に検討すべき。伊勢湾サミットまで問題材料が多い。

  • #155

    少林亭 (月曜日, 23 5月 2016 22:02)

    大道闊歩でなく『第三者に、第三者にと言い訳しつつ、薄暗い細い路地をコソコソと走り回って、いる今のトウダイ出」は、これでも「日本人」ですか!東京はどうなっているの。ヴァンクの使い走りの知事さんがクネ姉様のご機嫌取りをしている様子。薄汚い小ネズミでしょう。結構な給料頂いているのに、家族の新年会まで公金とは、「日本人」のすることですか。汚鮮されたオリンピックなど「日の丸」が泣きます。そのころには北爆でやられた、ソウルが背のりして、東京都が韓国の首都に化けていと、という悪夢。戦後の食うや食わずのおとなしい日本人を70年間だまして、血をすっって肥大した小ネズミを操る「列島にもたれかかる汚染物」はそろそろ排除。

  • #156

    エン・コバ (日曜日, 29 5月 2016 02:21)

    とにかくG7伊勢志摩サミットの無事成功おめでとう。オバマの広島慰霊訪問有難う。恩讐を超えて、こんなに友達になれる同盟がせかいにあるか。12月は安倍さんがハワイの真珠湾に行く番です。いろいろ問題はあっても、こんな友好は、「闘争世界」にはありませんよ。シナも鮮半島も真似できないでしょう。ちょっとぐらい見習いなさい。世界平和のモデルです。そしてもっと日本人の心を知ってもらって、対等の、何でもいえる「新同盟」作りへの第一歩です。

  • #157

    小林えんしょう (土曜日, 04 6月 2016 10:14)

    (個人的な妄想ですがご寛恕ください)プロ野球の清原和博さん、京都の花園大学野球部の助監督になってくれないでしょうか。京滋大学リーグで下位の花園が6月6日、あこがれの神宮球場に初出陣します。立派な長老監督の指導と選手のがんばりがあります。高橋利政君もその一人です。身体を整え、呼吸を調え、こころを調(和)し、ひろく(博)社会に貢献するのが大学の方針です。神宮での様子を見ていただいてご一考ください。原田よしあき先生に中継ぎになっていただければ最高ですが。

  • #158

    こばやしえんしょう (日曜日, 05 6月 2016 09:21)

    今、沖縄での米軍の’軍属’の在り方が問題になっているが、有事の場合のシナ・韓半島の在日が’’軍属化’’した場合の取り扱いの問題もあり、緊急に細部まで明確にしておく必要がる。不測の有事が勃発すれば、彼我の生死にかかわるからである。

  • #159

    小林えんしょう (日曜日, 05 6月 2016 11:14)

    4日、シンガポールでのアジア安全保障会議(シャングリラ対話)で、カーター米国防長官はシナの南シナ海での「軍事拠点化」を強く批判した。シナはこの地域での日・米の「介入」をやめよというが、初めからこの地域はシナのではない。根拠のない占有で、他国に介入するなという『主人公ずら』は誰も認めていない、勝手のことである。シナはいまアジアの包囲網の中に孤立しているという自覚がない。海洋秩序の逸脱はだめ。人権蹂躙の逸脱の頂点・天安門も27年たつも反省はしていません。

  • #160

    少林亭 (日曜日, 05 6月 2016 11:37)

    いま西太平洋潜水艦救援訓練が米・韓・日と東南アジア各国の船艦が共同でおこなわれているが、閉幕式に各艦が済州島への入港を韓国は拒否した。旭日旗はダメということだそうだ。これでは日本は韓国を信用できない。助けにも行けないよ。場合によっては竹島であいましょう。敵と味方で。

  • #161

    エン・コバ (月曜日, 13 6月 2016 23:51)

    この期に及んでマスゾエさん、給料全額なしでも、不信任だけはご勘弁を、提議しないでほしいと。東京オリンピックにマイナスだと。喝!恥を知りなさい。それでも、貴殿は「トウ大出の日本人」ですか?まあ「はじかきオリンピック」出場ではぴか一の金メダル候補でしょう。

  • #162

    少林亭えんしょう (金曜日, 17 6月 2016 11:43)

    東京都知事候補に早速、桜井誠さんという方が立候補されたらしいですね。アメリカのトランプさんよりショッキングな御仁のようです。日本国を守るという意味では、尖閣・沖縄近海に中華大盗国の艦船がうろうろしているときですから、ふさわしいひとではないでしょうか。

  • #163

    小林えんしょう (水曜日, 29 6月 2016 02:32)

    15日以降、尖閣周辺の海上では、シナの軍艦船の和国への接続水域や領海への侵入による挑発が続いている。16日以降、その周辺空域では、シナの軍機が哨戒、空自機のスクランブルに対し、あたかもドッグファイトに巻き込まんとするばかりの「挑発」を仕掛けている。極めて危険。自己防御機動を取りつつ、回避せねばならぬ。相手の確信犯的行動にたいしては、事の大小を問わず、逐一国内外に公表することをおこたってはだめ。確信犯に遠慮は無用で、かえって調子に乗る。攻撃はできぬが、相手が自滅するファントム(ブーメラン)戦法を編み出して、オウンゴールに落とす以外にない。(逃げつつ相手がきりきり舞いして自滅するような)戦術を「眞田○」から読み取ってください。

  • #164

    少林亭 (水曜日, 27 7月 2016 23:17)

    7月26日のビエンチャンでのARF閣僚会議で、日・米、アシアン諸国は、南シナ海での中国主権主張を完全に退けた12日の仲裁裁判所の判断は、最終的で、紛争当事国(フィリッピンと中国)を法的に拘束するものだと、それを尊重するよう要求した。これに対し中国は受け入れを拒んでいる。南シナ海での中国の実効支配を継続して強化しようとしている。ラオスがまとめた声明草案でも、国連海洋法条約の原則を守るべきだと明記しているが、「仲裁判断」には触れてない。「無理が通れば道理引っ込む」という唐の傲慢である。確信犯的な態度には毅然とした主張が必要。早晩、実力的な阻止行動が必要になる。手をこまねて、時間稼ぎを許せばこちらの負け。そこには賢明で、効果的な「具体策」がこちらの陣営に必須。どうする諸君!!その任に当たっている方々は必死で考えろ!相談にのってもいいよ。

  • #165

    小林えんしょう (土曜日, 30 7月 2016 05:34)

    7月29日、北京での中・アフリカ協力フォーラムで、南シナ海問題で、あふりか51か国の指示を受けたとか。それはそうでしょう。総額600億ドルの支援をしましょうと言っているのですから。早速、シナは支持に感謝、国際社会に支持されているという印象操作。「溺れる者は藁をもつかむ」というからね。

  • #166

    えんしょうこばやし (水曜日, 03 8月 2016 03:37)

    8月2日、今年度の防衛白書が閣議で報告された。東・南シナ海での中国の軍事動向、北朝鮮の核・ミサイル開発の進展、バングラデシュでのテロ襲撃などの脅威を警告している。また安全保障関連法の必要性とその合憲性をも訴えている。中国軍機へのスクランブルも増している。中国への「強い懸念」は2年前から始まっているが、懸念、懸念といっているだけでは、そのことが懸念で、解決への突破的な工夫が必要。たとえばスクランブルに代わる撃退法はないのか?パイロットも油もつかわぬ、信号的警告(信号音・信号弾)で相手を驚かすものが作れないのか。日本に手を出すとやけどをするぞといった、安くて、こちらは安全な新撃退法を地上から操作できないか。ここが日本人の頭のいいところを見せてください。また来てからスクランブルとゆうより相手の動向の事前的調査・把握もできてないのでは、防衛庁も無能。空・陸・海のハリネズミ的防御態勢の必要。「日本の敵は世界と人類の敵」という考えの浸透、拡大が望まれる。

  • #167

    こばやしえんしょう (水曜日, 03 8月 2016 23:59)

    8月3日、北朝鮮は中距離弾道弾(ノドンか)を秋田沖のEEZ内に落下させました。目的あろうがなかろうが、とにかく日本の国内にいつでもミサイルを撃ち込めるといううサインでしょう。内閣改造、都知事選、防衛白書に対するご親切なお返事。桜井誠式にいわせば、古物パチンコ商の残物返礼サービスといったところか。ともあれ何処に落ちてもいいように、いかに、直ちに、処理するか、の段取りだけはよろしく。関係各庁さま!!。

  • #168

    えんしょう小林 (金曜日, 12 8月 2016 10:11)

    お盆の時くらい、シナさん、尖閣周辺旅行はお休みください。だから言ったでしょう外国船と衝突・沈没するのです。そうでなくとも海自は忙しのですから、今度沈没しても救助に行きませんから。
    『日本の友は世界の友!!日本の敵は人類の敵』(地球平和憲章・第一)<国連ご承認標語です>この標語を地球平和のために拡散しましょう。だれか英語とシナ語に訳してください。オリンピックに間に合うように!!

  • #169

    小林えんしょう (木曜日, 01 9月 2016 21:32)

    北方領土問題の進展なしに、経済協力からと政府は動き出した。石油や天然ガスについての技術支援や、最新技術を持つ医療センター建設への協力など。それはそれでいいが此方のとるところ(メリット)なしで、結局プーチンに丸め込まれないように。ただ働きでハイご苦労さんとならないように。要注意。あべ君に、政治的に対中施策にも、上手くプーチンを載せる位の力量ありや。

  • #170

    少林亭 (木曜日, 01 9月 2016 22:03)

    「関係改善」などという言葉は鮮国には無用。都合のよいとき都合の良い相手に、ただで「もたれかかる」のだから。スワップでシナがだめだと、昨日までお世話にならぬといった和国へと、恥じらいもなく頭を下げる。慰安婦問題解決ということで、とうとう10億円を無償・無条件(慰安婦像移転を無視して)でポンと出した。和国は金が溢れているのですか?<後期高齢者の医療保険がまともに払えない人が如何に多いか>みんな泣いているのに。二三年もすればまた「お替り頂戴」が始まるでしょう。そして、日本のオリンピックにぶら下がり、国際文化交流の好機とかで、甘い汁を吸われるのですね。和国の甘い汁は後で恐ろしいことになると経験させるべきですね。まずは和国からのいままでの「借金」を返すことから始めてください。

  • #171

    えんしょう小林 (木曜日, 01 9月 2016 22:19)

    なんでも「日本第一党」とかいう新政党が発足するそうですね。都知事候補「まこと」君のきもいりとか。おもしろくなってきました。一年もたてば自民の方々も戦々恐々となるかも。略称が「日本一」とは。ユーモア―たっぷりではありませんか。日本一の桃太郎に、全国からいぬ・さる・とりと駆けつけるでしょう。そして無論、鬼退治です。

  • #172

    オンカルダース・コビ (日曜日, 04 9月 2016 00:14)

    大戦中は「大本営発表」以外は正しい情報とはされなかった。敗戦によってその虚報であることを知った。国民はどうもおかしいと思いつつ信じ、実情を知る者は信じるふりをした。真面目なものは騙されたと思った。当時、国民学校5年生だった小私は、それ以来、大人の言説を100%信じることはない。戦後70年、気象情報か、日常たいして差しさわりのないニュースは別として、放送局や大新聞のマスコミに都合が悪く、利害の絡むものは放送・発表・伝達されなくとも違和感を持たないようになった。情報とその真偽はネットワークで、自分で調べろということである。本当に世界がどう動いているかは誰にもわからない。例えば、日本第1党とか余命日記とか言っても知る人のみ知る。9月・10月と、そこらから、世を動かすうねりが起こっても知らぬが仏。そのうち激流の中で「ナム・アベダ・ブツ!!」ととなえますか。

  • #173

    エン・コビ (火曜日, 11 10月 2016 17:24)

    韓国警備艇と唐国漁船が衝突して警備艇のほうが沈んだとか笑えぬ話。普通沈むのは漁船の側だろ、当然韓国は抗議。どうなっているの。唐国漁船て一体何?和国も笑っている場合ではないよ。現実問題ですよ。北のミサイルや核と同じ、放置しておいたら「21世紀の大黄禍」で世界が沈没するよ。今更見え見えで予言しますなど言えない段階。あべさん!!どうする?

  • #174

    オンカルダース・コビ (月曜日, 17 10月 2016 06:43)

    コリア国と大和国との狭間に存在する財ニチはどうも両国から睨まれているようですね。状況が変わりつつある。母国からあれこれの問題で批判され、経済的な協力をせねば無視されてはたつせもないし、和国からは足を引っ張る者は要らないといわれて、如何します。済州島にでも新天地を開き、朝日の輝く「新鮮」なる浄土建設すればどうでしょう。率いる英雄・モ―ぜはいないのか。最も一部の方にはこの島はかってのエクソダスの故里でしたね。先祖返りで根本から再出発をしては。群がるシナ漁船など蹴散らして、頑強な亀甲艦でも造って、世界に冠たる南北統一国家を創ってください。和国が安眠できるように。!!

  • #175

    えん・こび (金曜日, 21 10月 2016 15:03)

    がいかんざいとかよくわからないが、この財で告訴が始まるとか。心当たりのある方は何処か泳動したらよいかも。最終とうへでもりょこうしますか。それにしてもフィリッピン大統領は自国の利益本位でとうとう唐国に丸め込まれました。和国のみが残りました。当てにならぬ美国を頼らず、いよいよ独立独歩。Z旗を高く掲げ、必死の勢いで総力戦にはいりますか。センカクの洋裁か、ガス伝の自動壊胎を仕掛け、スイッチ一つで起動。

  • #176

    こばやしえんしょう (火曜日, 25 10月 2016 20:45)

    小私の10か月前の航空機へのレザー光照射の危険性の指摘(♯37,38,39,40)やっと航空法改正の段取りができました。予言しますまで言った大事故が起こらなくてよかった。頼みますよ。やさしくて毅然とした防衛大臣さん!!素人でも国民の正しい目は役に立つのです。

  • #177

    えん・こび (木曜日, 27 10月 2016 05:30)

    26日比大統領ドゥテルテさんが来日、安倍さんと会見しました。比の中・米とのバランス外交が鮮明になる。結局、唐から抱き込まれ、しかし不信、美国はきらいで不信。和国しか協力者がないとわかれば、信頼するしかない和国としっかりと手を組まねばだめでしょう。あべさん!ドゥテルテ氏にしっかりと「和国への信頼」の意義あることを説得してください。敵にはならぬからと和国をなめて軽くみていないか。比を救うのは唯一の歯止めは、和国としっかり協力する以外にない。ほかはルールを守って対話と笑顔でいっておけばいいのです。日比安保同盟を結ぶぐらいの勢いを。

  • #178

    こばやしえんしょう (日曜日, 30 10月 2016 01:40)

    唐国の監視船が比国関係の領海を離れる仕草は、一旦釣った大イルカを自由にコントロールできることを意味する。いつでも状況の変化で船は帰ってくる。釣ったイルカを網の中で泳がせる。暴れたら引き寄せる、従順なれば自由にさせる。唐国が尖閣を釣ったのと同じ構造。釣魚島というぐらいですから。尖閣の棚卸同様、比国との南沙関係の棚上げと同じです。棚上げ、棚卸し、自在です。如何します美国・和国。

  • #179

    えん・こび (日曜日, 30 10月 2016 02:09)

    恨国のパクさまも大変。そうでなくとも経済、安保などなど八方ふさがりの上に、ゴーストライターならぬチェ・スレシルさんが代行役と漏れた秘密文書がばれました。
    鮮国はこの好機とばかり南にちょっかいを出しそうですね。和国が国賓待遇でお招きするという噂もありますから、もう少し煮え詰まれば、うるさい統領府デモを逃れて、「千年の恨み持つ」とかいう和国を目出度く訪問ということに。ついでに在日さんのように帰らないケース(ボーメイ)もありかと。国民も和国にモタレ、ナダレコム。和国も内憂・外患(財)とかでたいへんなんですから、静かにしてください。

  • #180

    えんしょう・こび (木曜日, 03 11月 2016 11:40)

    がいむ省の中に尖閣問題での獅子身中の虫がいる。この「毛沢東地図」一枚で唐をぎゃふんといわせた地図を、外務省のホームページから削除したお方がいる(余命ニュース)。気付いた人々の猛抗議でソット再アップしたとか。ゆだんがならぬがいむしょうなので、全国的に、毎日「監視」をすることになったとか。唐国と対面対決したのは、九州男児の原田先生ご一人。がいむしょうは臭・金・屁のにおいを吟味しているのでしょう。

  • #181

    オンカルダース・コビ (土曜日, 12 11月 2016 09:49)

    「コレイジョス・チャンネル2016」(10月31日から11月3日まで)とかゆう、在韓米軍関係者、民間米人の有事の脱出訓練が為されたようである。実際に、避難者を日本の米軍基地まで運び、例年になく実動に近いものであったという。それに付けても、在韓日本人の事が思いやられる。

  • #182

    えんしょう小林 (土曜日, 12 11月 2016 10:11)

    和国の同盟国美国の大統領に、トランプさんが決まって先ずはおめでたいことである。
    それにつけても、トランプさんが、「わたしはみなさん一人ひとりの大統領です」といっているのに、反対デモがあるとは珍しい。あろうことか米国旗に火をつけて燃やしたやつまでいる。どこかのくにの現象とそっくり。しかも燃やしたのは、トランプ側だと嘘をいう。栄光のアメリカ地に堕ちたり。クリキントンさんの背景は何だったのかと思う事態。和国と同様、その背後の化けの皮がはげ落ち始めている。

  • #183

    こばやしえんしょう (水曜日, 23 11月 2016 03:44)

    安倍さん、四方に微笑して,好い顔をする、「金持ち外交」は終わりました。どことも紳士ずらをしているだけで、結局、「本音を言う時代」、「損はせず、得ばかり取ろうとする時代」、「グローバル戦国時代」に入りました。汚染で臭・金・兵なるシナ然り、ずるがしこい顔の露国も然り、まさにトランプさんの美国までがそのお仲間に入ろうとしています。TPPも成り立たない。プーチンさんは金輪際、領土を返しません。北方を猫じゃらしにして、和国よりおいしい物を引き出そうとする策です。美しくて人の好い和・敬・静・寂の島を世界中が狙っているのです。こんな天国は他の国にはありません。露は北方を軍事化します。美国を退ける方法を、尖閣問題でシナから学んだのです。安倍さん!和国は誰も助けてくれないという覚悟で。すべてを振り切った独立独歩を。いまこそ「ノー!」といえる日本です。

  • #184

    えん・こび (水曜日, 23 11月 2016 04:13)

    恨国様が大変ですね。和国への「千年恨」どころでなく、自国が「千年混乱」ですね。しっかりやってください。逃げるならシナへですよ。間違っても、和国へ避難しないでください。難民・流民はせまい和国には受け入れません。しかも済州島の方が和国にのがれて住みついたとき、あとで強制徴用されたというような嘘のぬれぎぬを着せられるのはまっぴらですから。貴国が統一し独立独歩をはじめれば、和国はマンセイ!ですよ。おめでとうという日を待っています。そうなれば和国も青天白日、うっとうしい重荷(オモニ)から解放されますから。

  • #185

    小林えんしょう (火曜日, 06 12月 2016 14:49)

    12月26/27日に、あべさんが、大戦の慰霊訪問のため、ハワイ・真珠湾を訪れるとのニュース、しかもオバマさんと一緒に、追悼の式に臨むとのこと、いつかこのことを書いたが、現実になった。両国の協力関係が望まれる。トランプさんにも理解と協力を御願いしたい。日米が本当に手を握れば、無敵である。真珠湾も原爆も忘れはしない、しかし、「許す」余裕が両国にはある。こんなことは他国にはない。