■ マクドナルドのハンバーガー

  久しぶり、新橋駅に足を延ばしました。何か食べようと思った時、マック店の前を通り掛かった。お客が一人だけ外から見えました。この店はいつも若い人でごった返していたし、私は昔だいぶ待たされたこともありました。
  マックは今苦境にあります。食材汚染、異物混入だかでバッシングを受けているらしい。私はつい店の中に吸い込まれました。カウンターでは多い目に注文、可愛い女の子がはきはき応対してくれました。トレイで食べ物を持ち去る時「頑張れよ」と声をかけたら、ハイッと白い歯を見せてくれました。二階の飲食室もやっぱり寂しい感じ。マックよ頑張れ、もう一息だ、と私は心の中で声を掛けて来ました。
  マックと言えば、私は本当に長い付き合いで、多分日本人では一番長い方。52,3年も前、1962年に私はアメリカ( オクラホマ州 )に住んでいました。そこで初めてマクドナルドのハンバーガーを食べました。こんなに美味しいものがあるのか。ある時ハンバーガーを8個( ! )食べた。私のホスト家族はびっくりして、その食欲が近所中で話題になった。日本の少年の武勇伝のひとつとなったのです。それから3年ほど、東京御茶ノ水だったか、大学のそばにマクドナルド店が初めて出来た。私は走って食べに行った。
  嗚呼、今日のマックは8個食べたあれと全く同じ味だった。