■ スカイマーク、民事再生へ

  スカイマーク社が民事再生手続きに入った。日航、全日空の2社体制に割って入って第3の航空会社として大いに期待されていた。特に福岡ー羽田間は便数も多く、何より安い。私は余り乗らないが、家族や事務所の人間は大いに重宝していた。それが経営不振に陥った。LLCと呼ばれる安値飛行機がスカイマークの低価格を食ってきたこと、更に何と言っても経営の失敗が直接的。国際線参入を目指し、エアバス社にジャンボ型大型機を5機だか一斉に注文した。程なく注文取り消すもその違約金数百億円を支払うこととなり、最早経営が成り立つはずはない。バカげた拡大路線を突っ走ったということ、メディアも経営戦略の失敗と一斉に書く。
  民事再生とは、業務は続けながら裁判所の管理下で経営再建を目指す方式。今後の経営努力、投資家、銀行団の協力次第では再建も不可能ではない。日本の将来のためにも立ち直って欲しい。