2015年

1月

23日

■ 『世界健康長寿学会』第3回シンポジウム

  『世界健康長寿学会』の第3回シンポジウムが衆議院会館の大会議室で行われました。名前は少し大仰ですが至極真面目な勉強会で、医療関係者を含む現在は400人くらいのメンバーです。今日は「健康と地球環境、とりわけ水の大切さ」というテーマで講演とディスカッションが行われ、夕刻には盛大な懇親会が行われました。中国や韓国の関係者もおられます。昨年の10月には長野県蓼科高原で合宿勉強会、今年は6月に山形県、9月にはわが太宰府で行う計画だということです。
  私は一応会長ですが、実際は今井敬喜医学博士( 健康福祉実践協会理事長 )を中心に専門的勉強も進んでいるようです。健康長寿という大きな目標を目指して頑張りたいと思います。皆様も是非参加して下さい。