■ いよいよ解散、総選挙

  懸案の7ー9月景気速報値が出た。予想より悪かったか。実質成長率はGDP年率で4ー6月期(7.3%マイナス)に引き続き1.6%のマイナスとなる。4月の消費税3%引き上げ後個人消費の回復が十分でなかったというのが主たる原因で、これではあと2%の再値上げをするわけにはいかない。値上げの時期を1年半伸ばしてその間に徹底した経済対策を実施する。
  安倍首相は明日国民に向かってこのことを説明し、衆議院解散を宣言する。
  選挙区の地元は結構険しい。余りに急な展開で戸惑いはあるが、しかし選挙の時期が決まらず日を重ねるよりも、一気に勝負した方が私は良いと思う。ふらつく野党候補達をこの際圧倒するつもりだ。