■ 太宰府、蔵司(くらつかさ)遺跡の見学会

  太宰府では奈良、平安時代に「蔵司」という行政機関があり、徴収した租税を一時保管し、地元との調整のうえ奈良朝廷に送っていました。行政遺構の発掘に連れて「大宰府政庁」の解明が更に進んでいます。今日はその蔵司周辺の現地説明会に参加して大いに学ぶところがありました。私たちの遠い祖先がこのように立派な歴史と文化を有していたことに誇りを感ずる時間でもありました。