■ 小渕経産相、辞任

  小渕経産相が政治資金規正法関連で辞任した。同法に基づく政治資金報告書に重大な疑義があり小渕氏は十分答えられなかったこと、そのことで委員会審議が滞ることなどで安倍首相も辞表を受理した。小渕氏は次代を担う指導者として    今回の内閣改造では自他ともに認める看板大臣の一つであったが、この辞任は安倍内閣には大きな打撃となった。与党としては早急に態勢を立て直す必要がある。
  政治資金規正法は極めて重い法律で、議員、政治家誰しもにとって資金の出し入れについては細心の注意を払っていますが、心の隅ではいつも不安を感じているのが実情です。