■ ウクライナ、その後

 ウクライナのクリミヤ半島が、不穏になってきた。この国はロシアと西ヨーロッパ(EU)の綱引きの間にあるが、西側が断然有利になってきたところでロシアのプーチンが本性を現してきた。市民を守るという口実で軍事介入が始まった模様、しからばあのアフガン侵攻を想起させる。直ちに国連安保理を招集すべし。今度こそ米オバマの力量にかかっている。とてもソチどころの騒ぎではない。