■ 何故、「舛添要一氏」を応援するのか。

 都知事選挙に多くの人が立っていますが、昨日書いたように、私は舛添氏を応援しています。自民党が事実上推薦しているのも理由ですが、有力4者を比較すると直ぐに分かる。宇都宮氏は昔弁護士会の会長をしていましたが、明らかに左翼、共産党であって、思想信条で合うはずがない。田母神氏は、近年定例勉強会でいつも同席しており、親しい間柄。彼の国家觀は元自衛隊らしく非常にしっかりしているが、知事選では支持母体がいかにも小さく当選の可能性は殆どない。政治家は結局受かってなんぼの世界です。
 細川氏に至っては「即時脱原発」と歯切れは良いが、こんな無責任で行き当たりばったりの都知事が出てくると、都政はおろか、国のエネルギー政策も直ちに破綻、国民生活も大混乱になる。オリンピックもおかしくなるし、そのうち途中で仕事を投げ出すことも目に見えている。
 細川氏に勝てそうなのは舛添氏しかいない。政治家、首長としてバランスが取れており、エネルギー政策、オリンピック対応も安心できる。いささか消去法的だが、今回は舛添氏を性根入れて応援しています。皆様もよろしくお願いします。