■ 嗚呼、新橋駅の碁会所で

 東京の新橋駅前に「ニュー新橋ビル」というのがあります。その4階に古くから碁会所があります。毎日多くの囲碁ファンが詰めかける、その筋では比較的知られた碁会所です。今日本当に久しぶり、10何年ぶりかにそこに立ち寄り、何番か打ってきました。実は遠い遠い思い出にも浸っていました。
 平成5,6年ごろ、私は選挙に落選しており、前途に希望を失い、毎日が苦悩と不安に被われていました。来る日も来る日も街中を彷徨い、せめてその苦悩から逃げ出せたのが、実はこの碁会所でした。対戦中夢中で考えている時、いやその時でも選挙の悩みと生活の不安は一時も無くならない。しかしそれでも自分にとっては、何事にも代え難い至福の瞬間でした・・・・・・
 誰しも秘密の「桃源郷」を持っているものです。私は、一向に強くなりませんが、囲碁を打っている時、幸せを思いしばし疲れを忘れます。そして負けた時は一気に逆上し、悔しさで疲れが倍返しで戻ってきます。